【iPadOS】まず確認しておきたい!iPadの基本的な機能・設定10選!!

スポンサーリンク
iPad

こんにちは、けーどっとけーです😀

第6世代のiPadをゲットして半年ほどが経ちました。
最初はPCとは違う操作感で戸惑いましたが慣れるとなかなか便利です。
最近は、外ではPCの代わりとして家ではスマートフォンの代わりとして使用しています。

今までいくつかiPadの使い方を紹介してきました。
今回は、その中でも使い始めに確認した方がいいと思う基本的な機能をまとめましたので参考にしてみてください。

iPadを開封後のセットアップはこちらを参照してください。

スポンサーリンク

iPadの知っておくと便利な10の使い方

個人的に知っておいた方がいい機能を10並べてみました。
必要に応じてぜひ使ってみてください。

iPadユーザガイド

App Booksから無料ダウンロードすることで、ブックアプリからiPadのユーザガイドを開くことができます。
基本的な使い方から詳細までiPadで確認できるので、あらかじめダウンロードしておくといいかもしれません。

ヒントアプリ

使い方がわからなくなったり機能を調べたい場合は、ヒントアプリを開いてみましょう。
「基本機能」や「新機能」など項目ごとに使い方がまとまっていて見やすいです。

iPadOSのアップデート

2019年の10月から新しいOS「iPadOS」がリリースされました。
iPadOSはまだ新しいOSのため機能追加やセキュリティ対策がしばしば行われています。
「設定」から最新アップデートがあるかを確認して、未アップデートがあればすぐに対処するのがいいでしょう。

画面の明るさ・大きさ調整

iPadはカスタマイズや調整がしやすくなっています。
ダークモードのオン・オフ、画面の明るさ調整、ホーム画面のアプリ表示数を設定することができます。

いろいろ設定して自分の使いやすい画面・表示を見つけてみるといいかと思います。

戻るボタン

使えばわかりますが、iPadには物理ホームボタンのみで戻るボタンがありません。
しかし、案ずるなかれ。アプリによって戻るボタン表示や戻る操作が可能になります。
直感的に戻るやり方もわかるところがさすがApple製品と感じます。

編集ジェスチャー

3本指の操作で、テキストのコピー・ペースト・取り消し操作を行うことができます。
使い方はちょっとクセがあるのですが、練習してモノにすることができればテキスト入力がだいぶ捗るようなるでしょう。

スクリーンショット

iPadの画面のスクリーンショット(キャプチャ)を撮りたい場合は、ボタン操作で行うかAssistiveTouch(アシスティブタッチ)を使用すると簡単に行うことができます。

ヴィジット

ウィジェットは通知機能になります。
iPadの画面左に配置されており、天気予報やニュースなどを見ることができます。
表示する項目を選択できる上、欲しい情報がコンパクトにまとまっています。

SplitView

iPadは2つのアプリを画面に並べて表示することができます。
方法は多少慣れが要りますが、使い慣れると動画やサイトを見ながら作業できるなど操作の幅が広がります。

アプリのアンインストール

iPadのアプリも便利なものが多いので、ついついアプリをインストールし過ぎてしまいます。
もしインストールしたけれど使わないアプリは容量確保のためにもアンインストールするのがいいかもしれません。
アプリアイコンを長押しするだけでアンインストールできるので簡単に行えます。

今回の一言・・・

操作の使い方がわかないところも調べて覚えてしまえば便利な機能が多いです。
ぜひ参考にしてみてより良いiPadライフを楽しんでください。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました