Windows10でLinuxを操作する!Ubuntuをインストールして起動する

スポンサーリンク
Windows

こんにちは、けーどっとけーです😀

今年、家で使用しているWindows PCを新しく買い替えました。

やはり新しいPCはいいですね。
以前使っていたPCもWindows10ではあるのですが32bitでした。
対して新しいPCは64bitになります。

今回は、32bitのWindows PCときにしにくかったLinuxのインストールを64bitのPCで行ってみました。
なお、OSは「Windows10 home」で操作しています。

スポンサーリンク

Windows PCにLinuxをインストールするとは

Linuxとは、ざっくりいうとOS(オペレーションシステム)の一種になります。
WindowsやmacOSと似たような位置づけですが、Linuxはオープンソースであるため無料でインストールし使用することができます。
そのため用途は広く世界中のシステムで利用されているOSになります。

そのLinuxですが、Windows PCに仮想環境としてインストールすることが可能になっています。
インストールできれば、気軽にWindows PC上でLinuxマシンを構築したり操作できたりすることができまます。

Windows10 PCにLinuxをインストールする準備を行う

まずは、WSL(Windows Subsystem for Linux)の設定を有効にします。
その後、UbuntuというLinuxディストリビューションをインストールして起動します。 

WSLを有効にする

スタートメニューを開き、「Windows PowerShell」を右クリック>「管理者として実行する」をクリックします。
Windows Linux PowerShell

管理者権限でPowerShellが起動しました。
Windows Linux PowerShell 起動

以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

Windows Linux PowerShell コマンド

Enterを押すと有効化処理が開始しします。
Windows Linux PowerShell 実行開始

有効化準備が完了すると、PCの再起動を求めてきます。
PC再起動オーケーな場合は「Y」を入力して、Enterキーを押します。
Windows Linux PowerShell 再起動

PCの再起動が開始します。

Ubuntuをインストールして起動する

再起動が完了しPCが起動したら、Microsoft Storeから「Ubuntu」を検索して表示します。

「インストール」をクリックします。
Ubuntu インストール

インストール完了したら、「起動」をクリックします。
Ubuntu 起動

Ubuntu(Linux)が起動しました。
新しいユーザーネームを入力しようと表示されています。
Ubuntu 起動完了

特に入力せずUbuntuを再起動したところ、rootユーザーで起動しました。
Ubuntu ROOTユーザー

「pwd」や「date」といったLinuxコマンドを打ち込んでみました。
ちゃんとレスポンスが返ってきていますね。
Ubuntu Linuxコマンド

今回の一言・・・

Ubuntuをインストールする前にPowerShellの起動・コマンド入力・PC再起動が必要になりましたが、わりとスムーズにLinuxを導入できました。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました