IT試験に合格したら!?資格共有サービス「Credly」にAWS資格バッジを登録してみる

スポンサーリンク
アプリ・ソフトウェア・サービス

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、ITの機能やアプリやサービスに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。

ITの仕事を長年続けていますが、ここ数年はAmazonのクラウドサービス「AWS」を使って開発することが多くなりました。
そのため自身のスキルアップのためにも先日AWS認定資格「クラウドプラクティショナー」を受験し合格しました。

合格後数時間後に登録していたメールアドレスに以下のようなメールが来ました。
Credly 資格登録 メール受信

こちらは「Credly」というサービスへの取得した資格バッジを登録しようという案内でした。

けーどっとけー
けーどっとけー

Credly(クレドリー)とは、専門分野の功績を管理・共有するためのプラットフォームとのことです。

こちらのバッジを登録することで世界中の人に資格情報を提供できるとのこと。
今回はCredlyを操作してみました。

スポンサーリンク

Credlyに取得した資格バッジを登録する

まずは受信したメール本文の「バッジを入手する」をクリックします。
Credly 資格登録 メールクリック

CredlyのWebサイトが開きます。
こちらのサイトの表記は英語になります。
Credly 資格登録 Webサイト

氏名・国・パスワードを入力し、プライバシーポリシーなどにチェックを入れて「Create Account」をクリックします。
Credly 資格登録 氏名

登録したメールアドレスにメールが送信されました。
Credly 資格登録 メール送信

受信したメールを開いて、「Eメールアドレスを確認」をクリックします。
Credly 資格登録 Eメール確認

メールアドレスと先ほど入力したパスワードでサインインします。
Credly 資格登録 サインイン

AWS認定資格クラウドプラクティショナーのバッジが表示されました。
なおこちらの資格の期限は3年となっています。
画面右上の「Accept Badge」をクリックします。

Credly 資格登録 クラウドプラクティショナー表示

「公表する」にチェックが入っています。
このまま「Save Settings」をクリックします。
Credly 資格登録 公表する

資格バッジの登録が完了しました。
Credly 資格登録 登録完了

今回の一言・・・

けーどっとけー
けーどっとけー

資格取得して見える形で公表できるので、さらなるスキルアップの励みにもなります。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いITライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました