ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » IT » 【Windows】新しい付箋!ダークモードも可能!!Windows10の「Sticky Notes」を使う

【Windows】新しい付箋!ダークモードも可能!!Windows10の「Sticky Notes」を使う

calendar

こんにちは、K.Kです😀

仕事ではWindowsをずっと使ってきました。
連休や多忙だったりすると、ついちょっとした事務作業やその日のToDoを忘れてしまうことがあります。

そんなことが無いようにWindowsに標準でインストールされている「付箋」を使ってきました。
常にデスクトップ画面にメモ帳のように表示されるので、ついうっかり忘れるということが無くなります。

Windows10では、付箋ではなく「Sticky Notes」と名付けられているようです。
今回は、このSticky Notesを使ってみました。

スポンサーリンク

まずはSticky Notesをバージョンアップする

Sticky Notesを起動します。
スタートボタンをクリックして、スタートメニューを表示します。
Sticky Notes スタートメニュー

「S」の行にSticky Notesはあります。クリックすると起動します。

ただ付箋のような画面が出て、新しいバージョンが利用可能と表示されます。
Windows7からWindows10にバージョンアップしたので、7の状態で残っていたのかもしれません。
Sticky Notes 付箋か

「更新」をクリックします。

インストールするかと聞かれるので、「OK」をクリックしましょう。
Sticky Notes OKを押す

Sticky Notesを使う

Sticky Notesが起動します。
Sticky Notesはメモの内容を同期できるとのことです。
サインインすれば、別のPCでも同じ情報を開くことができます。
Sticky Notes サインイン
今回は「今はしない」をクリックして使用します。

Sticky Notesには親付箋と子付箋があります。
右が親付箋、左が子付箋です。
親付箋はメモ帳の一覧、子付箋はメモ帳になります。
それぞれ右上の「×」をクリックすると表示を消すことができます。削除ではないので再表示は可能です。
Sticky Notes 付箋が出てくる。

それぞれどちらかの付箋の左上の「+」をクリックすると子付箋を追加できます。
子付箋を追加すると親付箋に追加されます。
親付箋には子付箋の更新時間が表示されます。
Sticky Notes 付箋を追加

親付箋の右上の歯車アイコンをクリックすると設定が表示されます。
Sticky Notes 設定

設定で背景色を変更することができます。
デフォルトは色は「Windowsモードを使用する」になっています。
Sticky Notes 色を変更

色を「明るい」(ライトモード)に変えます。
Sticky Notes 明るい

「暗い」にするとダークモードになります。
Sticky Notes ダークモード

他にも「キーボードショートカット」を見ることができます。
Sticky Notes キーボードショートカット

太字やコピー・貼り付けなどのショートカットの一覧を確認できます。
Sticky Notes ショートカットキー一覧

次に子付箋をみてみます。

子付箋は直接メモを記入できます。
下のメニューのアイコンをクリックすると、太文字にしたり斜体にしたりできます。
Sticky Notes 子付箋メニュー

右上の3つの点をクリックします。
Sticky Notes 三つの点

色を選択すると子付箋の背景色を変更できます。
「メモの一覧」をクリックすると親付箋が表示されます。
「メモの削除」をクリックすると該当の子付箋を削除できます。
Sticky Notes  子付箋の設定

今回の一言・・・

以前の付箋よりも便利になっていました。
ダークモードが地味に嬉しかったり。
この仕様であればうっかり付箋を削除することもなく一覧から付箋を再表示できます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。