ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Mac・Android Studio】タップカウンターを作ってみる その2

calendar

reload

【Mac・Android Studio】タップカウンターを作ってみる その2

こんにちは。

今回は、前回の続きで、javaの開発をしていきます😃
まずは、activity_main.xmlで定義したカウント画面とボタンのIDを控えておきましょう。

 

・・・・
<Button
  android:id=”@+id/button
・・・・
<TextView
  android:id=”@+id/textView
・・・・
 

MainActivity.javaのonCreate関数に記述をしてきます😃
↓ カウント画面とボタンのIDをセットして情報を取得します。

  // 画面のボタン情報を取得
  button = findViewById(R.id.button);
  // 画面のテキスト情報を取得
  text = findViewById(R.id.textView);
 

↓ 以下に、ボタンが押された後に走る処理を書いていきます。

   // ボタンが押下された時の処理
   button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
     // 画面テキストを数字に変換して取得
     int num = Integer.parseInt(text.getText().toString());
     @Override
     public void onClick(View view) {
       // 画面テキスト数字に1を足す
       num = num + 1;
       // 上記の数字を文字の変換して、画面のテキスト情報にセット
       text.setText(String.valueOf(num));
     }
   });
 

ポイントは、文字列(String型)を数字(int型)に変換して、1を足した後、
数字(int型)を文字列(String型)に変換して、カウント画面の情報にセット
するところです。

javaの基本的な知識でできるのが嬉しいですね✌

では、AVD(エミュレータ)で起動してみましょう。

↓ 表示されましたね。
  初期値は0で、ボタンも表示されています。
タップ2−1

↓ ボタンを1回押すと、カウントが上がって1になりました✌
タップ2−2

↓ 後は押した分だけ、カウントが上がっていきます。
  成功です。
タップ2−3

今日はここまで。
次回は、この機能にリセットボタンを追加します✋

※タップカウンター作成記事一覧はこちら