ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Java】令和にも対応!バージョン8をUpdate211に更新する

calendar

reload

【Java】令和にも対応!バージョン8をUpdate211に更新する

こんにちは、K.Kです😀

Macで作業をしていたところJavaアップデートのウィンドウが出てきました。
現在Javaバージョン8Update191をUpdate211にアップデートしましょうとのことです。
Update211はセキュリティだけでなく新元号である令和にも対応しているとのこと。
早速、Javaをアップデートしました。

スポンサーリンク

Javaのアップデートのお知らせ

macOSに突然このような小ウィンドウが表示されました。
Javaバージョンアップ

現在のJava8 Update191をJava8 Update211に更新しましょうというお知らせです。

Release Note内にある「詳細情報」をクリックすると、Webサイトが開きます。
Java リリースノート

詳細を見ると、今回のバージョンアップはセキュリティだけでなく新元号にも対応しているようです。
Java リリースノート詳細

Java8を更新する

ではバージョンアップを行います。

「Install Update」をクリックします。
コンピュータ(macOS)の再起動は不要です。
java8Update211 開始

アップデートのダウンロードが開始します。
java8Update211 開始2

アップデートには認証が必要になります。
パスワードを入力して、「OK」ボタンをクリックします。
java8Update211 パスワード

認証が通るとダウンロードしたソフトウェアのインストールが可能になります。
「インストール」をクリックします。
java8Update211 認証通る

インストールが開始します。
java8Update211 インストール

インストールが完了すると、更新完了します。
java8Update211 完了

Javaのバージョンを確認する

更新したJavaのバージョンを確認するには、Mac画面の左上リンゴマーク>システム環境設定を開きます。

システム環境設定画面から「Java」をクリックします。
java8Update211 確認

「Javaコントロール・パネル」画面が開きます。
java8Update211 コントロールパネル

「更新」タブを開くと、現在のバージョンを確認できます。
「Java 8 Update 211」になっていますね。
java8Update211 更新確認完了

今回の一言・・・

リアルタイムでJavaの更新を知らせてくれるのは便利です。
特にセキュリティ関係のアップデートだとすぐに行うのがいいでしょう。
macOSの再起動が行われる場合は多少面倒も感じますが、今回はOSの再起動が必要なかったのでサクッと終わりました。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

↓Update221にアップデートしました