Windows11のPCに「.NET6.0 ランタイム」をインストール・アンインストールを実行してみる

スポンサーリンク
Windows

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

MacとWindowsのPCに加えてスマホやタブレットなどのITデバイスの新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。
その他の趣味と合わせ日々の経験や発見を当ブログでまとめて紹介しています。
ほぼ毎日更新しています。ぜひ他の記事も見ていただけると嬉しいです。

Windowsは「10」から「11」にアップグレードして使っています。

少ない操作で寝ている間に完了!?Windows10のPCをWindows11に価格無料でアップグレードする
こんにちは、管理人のけーどっとけーです。 学生の頃にWindowsのPCを購入して以来、その機能やアプリに興味を持ちました。 今ではPCだけでなくその他デバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利で面白いアプリを使ってみることを趣味...

とあるソフトェアをインストールしたところ「.NET6.0 ランタイム」がないとの警告が表示されたため、今回はこの「.NET6.0 ランタイム」をインストールしました。
Windows11 .NET6.0 ランタイム ない

.NET6.0 ランタイムとは、Microsoft Visual Basicで作成されたソフトウェアを動かす実行環境になります。
ここではWindows11にインストール・アンインストールしてみました。

スポンサーリンク

Windows11に .NET6.0 ランタイムをインストールする

Microsoftのこちらのページからダウンロードします。
Windows11 .NET6.0 ランタイム ダウンロードページ

使用している環境によりますが、ここでは「デスクトップアプリ」の「x64のダウンロード」をクリックします。
Windows11 .NET6.0 ランタイム デスクトップアプリ

ダウンロード完了しました。
ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックするとインストールが開始します。
Windows11 .NET6.0 ランタイム exeファイル

インストーラーが起動しました。
「インストール」をクリックします。
Windows11 .NET6.0 ランタイム インストーラー

 .NET6.0 ランタイムのインストール中です。
Windows11 .NET6.0 ランタイム インストール中

インストール完了しました。
Windows11 .NET6.0 ランタイム インストール完了

Windows PowerShellを開いて「dotnet –info」と打ち込むと.NET6.0 ランタイムの情報が表示されます。
これでインストールできていることを確認できました。
Windows11 .NET6.0 ランタイム パワーシェル

.NET6.0 ランタイムをアンインストールする

不要な場合はアンインストールすることもできます。
インストールに使用したexeファイルをダブルクリックします。

「アンインストール」をクリックします。
Windows11 .NET6.0 ランタイム アンインストール

アンインストール中です。
Windows11 .NET6.0 ランタイム アンインストール中

アンインストール完了しました。
Windows11 .NET6.0 ランタイム アンインストール完了

「dotnet –info」を打ち込むと読み込まれないので、.NET6.0 ランタイムがアンインストールされたことがわかります。
Windows11 .NET6.0 ランタイム アンインストール確認

今回の一言・・・

.NET6.0 ランタイムが必要な場合はぜひ参考にしてみてください。
インストールもアンインストールも簡単に行えました。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いWindowsライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました