ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » Macが重い!?レインボーカーソルが終わらない!Finderのデータを整理する

Macが重い!?レインボーカーソルが終わらない!Finderのデータを整理する

calendar

こんにちは、K.Kです😀

最近Macを使っていて、たまに処理が重くなる時があります。
具体的には画像を開いたり、Finderを開いたりする時です。
本日は、Finderで検索したらそのまま固まってしまいました。

今回は、Macで処理が重くならないよう要らないデータを削除したり整理をしてみました。

スポンサーリンク

Finderが固まる

Finderで昔整理したフォルダを検索しようとしたところ、検索中のままフリーズしました。

アイコンがMac特有のグルグルマークのまま変わりません・・・。
カーソル移動はできる状態です。

このグルグルは、正式には「レインボーカーソル」と言います。
Macの処理が重い

デスクトップ上にカーソルを持っていってもグルグル状態です。
上部のメニューと下部のドックはクリックできます。

しばらく待ってみましたが、30分ほど放置しても変わらないので、なんとかせねばといくつか対処しました。

まずは、Macを閉じてみます。
フリーズ状態にしてから、開いてみてログインしましたが状態は変わらず。

Finderを閉じようかとも考えましたが、Finder上ではグルグルなので閉じるボタンをクリックできません。

次は、強制終了を試してみました。
メニューは使える状態なので、リンゴマークをクリックして、「強制終了」をクリックします。
Macの処理が重い リンゴマーク

強制終了画面が開きます。
強制終了したいアプリ(ここではFinder)を選択して、「再度開く」をクリックします。
Macの処理が重い 強制終了

これでFinderは強制終了されましたが、おかげでレインボーカーソルはなくなりました。

Mac内のデータを軽くする

またいつ重くなるかわからないので、対処してみます。

ストレージを見てみると、空きが128GB中40GBある状態です。
もう少し空き容量を増やしてみましょうか・・・。

先ほどのリンゴマーク→「このMacについて」→「ストレージ」→「管理」と進むとストレージの管理画面が開きます。

「おすすめ」項目をみると、最適化はされている模様。
Macの処理が重い ストレージ設定

左欄はそれぞれ何がどれほどの容量かを見ることができます。
アプリは結構入れているので「6GB」くらいあるのは仕方ないですが、書類の「20GB」はちょっと容量重すぎな気がします。

書類に入っているデータは、ちょいちょいTime Machineでバックアップを取っているので、Mac自体にそれほど溜め込む必要はありません。

ストレージ管理画面にある「不要なファイルを削除」の「ファイルを確認」をクリックすると、不要かと思われるファイルを一覧表示してくれます。

このように。
Macの処理が重い 削除

appファイルはアプリをインストールしたら不要なので、VRoid以外は削除しました。
Macの処理が重い 削除後

さらにバックアップは取ってあるので、去年のファイルも削除しました。

これで空き容量は「50GB」に増えました。
Macの処理が重い 空き容量増える

しばらくこれで様子みてみます。

今回の一言・・・

もともとMacの容量が128GBなので、データを溜め込みすぎないことに注意を払う必要がありますね。
フリーズの原因がファイルの溜めすぎかはわかりませんが、Time Machineも10日に1回は取っているので、古いデータは都度削除してきます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

↓Time Machineの使い方はこちら