ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » 【Mac】XcodeとMacportsをインストールする

【Mac】XcodeとMacportsをインストールする

calendar

reload

【Mac】XcodeとMacportsをインストールする

こんにちは、K.Kです😀

今回は、MacにMacportsをインストールします。
Macportsとは、macOSのパッケージ管理システムです。
Macのパッケージ管理システムというとHomebrewがありますが、MacportsはMacのソフトウェアに依存しないパッケージも含めてインストールできるようです。

スポンサーリンク

Macportsをインストールする前に

準備として、Xcodeをインストールします。
Xcodeとは、Appleが開発・リリースしているアプリケーション開発向けのソフトウェアです。

XcodeのインストールはApp Storeから無料で行えます。
詳細は、以下の記事で行なっているので参考にしてください。

Xcodeがインストールできたら準備完了です。

Macportsをインストールします。

Macportsのインストールサイトを開きます。

macOSのバージョンに合わせてインストールします。
僕が使っているのはMojaveなので、「macOS Mojave v10.14」をクリックします。
Macportsインストール サイト

ダウンロードした「Macports-〇〇〇〇.pkg」をダブルクリックします。
Macportsインストール ソフトダウンロード

インストーラーが起動します。
「続ける」をクリックします。
Macportsインストール インストール開始

さらに「続ける」をクリックします。
Macportsインストール 開始2

English以外の言語も選択できそうですが、Englishだけです。
ここでも「続ける」をクリックします。
Macportsインストール English

使用許諾契約を確認して、「同意する」をクリックします。
Macportsインストール 同意

PCの空き容量が13.9MB必要になります。
インストール先を変更するには、「インストール先を変更」をクリックします。
インストール先がOKなら「インストール」をクリックします。
Macportsインストール インストール準備完了

Macのパスワードを入力します。

インストールが開始するので完了するまで待ちます。
Macportsインストール インストール中

インストール完了しました。
画面はこのまま閉じてしまいましょう。Macportsインストール 完了

インストーラー(ダウンロードしたpkgファイル)は削除するなら、「ゴミ箱に入れる」をクリックします。
Macportsインストール 削除する

インストールできたかを確認します。
ターミナルを開きます。

バージョンを確認するコマンドを打ちますが、これだとうまくいきませんでした。

ダウンロード先のパスを追加したこちらだとうまくいきました。

Macportsインストール バージョン確認

以下のsourceコマンドを入力すると、

「port -v」を打つことができます。
Macportsインストール ソースコマンド

Macportsのバージョン2.5.4をインストールできたことを確認できました。

なお、sourceコマンドはファイルに書かれた内容を実行することができます。
上記のコマンドは、.profileを読み込んで有効にしています。

今回の一言・・・

インストールはすぐにできました。
ただ使う場面としては、MacportsよりもHomebrewの方が多そうです。
Homebrewがあれば無理してインストールする必要はないかもしれません。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。