ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » 【Mac】FTPソフト「FileZilla」をダウンロードして使う

【Mac】FTPソフト「FileZilla」をダウンロードして使う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

自宅ではメインPCにMac Book Proを使用しています。
今回はMacでFTPを使用する必要ができたので、フリーソフト「FileZilla」をダウンロードしました。

FTP(File Transfer Protocol)とは、サーバーとクライアントの間でファイルやフォルダの送受信が可能な通信プロトコルです。
FTPに対応しているソフトをMacなどのPCにインストールすれば、インターネット先にあるサーバーに接続し、ファイルのやり取りが可能になります。

ここでダウンロードする「FileZilla」は、Windowsでも使える有名なFTPフリーソフトの1つです。

スポンサーリンク

FileZillaをダウンロードして開く

公式ダウンロードサイトはこちらです。

ページ中央にある「Download FileZilla Client」をクリックします。
FileZilla Mac 公式ページ

Mac OS Xにある「Download FileZilla Client」をクリックします。
FileZilla Mac ダウンロードボタン

最低限の機能しか使用しないので、普通のFileZillaをダウンロードします。
「Download」をクリックします。
FileZilla Mac 通常

tar.bzファイルをダウンロードできました。
FileZilla Mac ダウンロード後

ダブルクリックして展開します。
FileZilla Mac 解凍中

FileZillaを展開できました。
「FileZilla.app」をダブルクリックすると起動します。
FileZilla Mac 展開完了

「開いてもよろしいですか?」というウィンドウが開きます。
「開く」をクリックします。
FileZilla Mac 開く

FileZillaが起動しました。
画面左側には「ローカルサイト」(ここではMac側)のフォルダとファイルが階層表示されます。
FileZilla Mac 開いた

サーバに接続するには、左上のアイコンをクリックし、ホスト名・ユーザ名・パスワードなどサーバの接続情報を入力します。
FileZilla Mac サーバ

接続完了すると、右側に「リモートサイト」(サーバ側)のフォルダとファイルが表示されました。
FileZilla Mac リモート

接続後は、ローカルサイトとリモートサイトのファイルやフォルダの送受信が可能になります。

今回の一言・・・

FTPは必要なソフトウェアをダウンロードして接続情報を入力すればサーバとクライアントを簡単に接続できます。
ぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。