ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Java » 【Mac】まずはJavaのアンインストールから!Javaのバージョンダウンを行う

【Mac】まずはJavaのアンインストールから!Javaのバージョンダウンを行う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

前回、MacのJavaをバージョン「11」にアップデートしました。

今回は、MacでアップデートしたJava バージョン11をバージョン8にバージョンダウンします。
バージョンダウンするには、まずJavaそのものをアンインストールする必要がありました。

スポンサーリンク

Javaをアンインストールする

まずは、Javaの現在のバージョンを確認しておきます。
ターミナルから「java -version」コマンドでバージョンを見ることができます。
Javaバージョンダウン 確認

Javaのアンインストールはこちらのコマンド実行を行いました。
以下のコマンドをターミナル上で実行します。

sudo rm -fr /Library/Internet\ Plug-Ins/JavaAppletPlugin.plugin
sudo rm -fr /Library/PreferencePanes/JavaControlPanel.prefPane
sudo rm -fr ~/Library/Application\ Support/Oracle/Java

最初のコマンドではMacのパスワード入力を求められました。
コマンド実行するとこのようになります。
Javaバージョンダウン コマンド実行

これだけではJavaを完全にアンインストールできなかったので、Mac内のJavaフォルダを削除しました。

Finderを開いて、「shift」+「command」+「G」キーを押して、「フォルダの場所に入力」に「/Library/Java/JavaVirtualMachines/」を入力してEnterを押します。
表示される「JavaVirtualMachines」内のフォルダを全て削除します。

ここまで操作し、改めてJavaのバージョンを確認しても、Javaをアンインストールしているので確認でないことがわかります。
Javaバージョンダウン 削除完了

Java バージョン8をインストールする

バージョン8のインストーラは、こちらのサイトからダウンロードできます。
Javaバージョン8 サイト

サイトの下にスクロールするとインストーラファイル一覧があります。
ここでは、「macOS x64」をダウンロードします。
Javaバージョン8 ダウンロード開始

ライセンス同意にチェックを入れ、「Download」をクリックします。
Javaバージョン8 ライセンス

Oracleプロファイルにサインインしていない場合は、サインインしてダウンロードを開始します。
Javaバージョン8 サインイン

インストーラファイルをダウンロードできました。
Javaバージョン8 インストーラダウンロード

インストーラを起動して、イントールする方法は以下を参照してください。

インストール後、ターミナルでバージョンを確認すると、「java version “1.8.0_241″」となっていました。
これでJava バージョン8にバージョンダウンできました。
Javaバージョン8 バージョン確認

今回の一言・・・

バージョンアップは簡単でしたが、バージョンダウンをするとなるとJavaを一旦アンインストールする必要がありました。
状況によってはバージョンダウンする場合もあると思うので覚えておくといいかもしれません。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。