ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Kotlin入門】ラムダ式と無名関数の併用

calendar

reload

【Kotlin入門】ラムダ式と無名関数の併用

こんにちは😀

ラムダ式は何回かみてきましたが、実際ラムダ式が使いづらい場面もあります。
そういう場合には、普通に無名関数を使用した方がいいのでそういうケースをみてみます。

例えば、ラムダ式は「{引数->戻り値}」のように1行で書けるのが長所で、関数自体が複雑になると無名関数を使った方が便利になります。

以下の割り算の計算のように、if文で結果を分岐する場合は無名関数を使います。

そして、前回作成したshowCalc関数に上記の関数を追加してみましょう。
6、7行目を追加しています。
他の式はラムダ式を使用しているので、両者を併用できているのがわかります。

main関数も割り算の条件を追加してみます。(6行目)
他は前回同様に、9行目のsetCalc関数からshowCalc関数を呼ぶ処理になっています。

実行します。
5番目に指定した割り算の式と解が出力されています。
ラムダ式と無名関数1

ラムダ式も短い処理で使いやすいというメリットがありますが、無名関数と使い分けることで処理の幅も広がります。

今回はここまで🤚

では、また次回。

 

【Kotlin入門一覧はこちら】