【Kotlin入門】マップを処理する関数〜マップを変更する

スポンサーリンク
Kotlin

こんにちは😀

前回は、マップの応用編としてマップのデータを取得する
処理をみてみました。
今回は、マップのデータを変える処理などをみてみましょう。

まずは追加する処理を書いてみます。

fun main(args: Array<String>) {

println(“処理開始ーーーー”)

println(“〜動物リスト〜”)
val animalMbmap = mutableMapOf(“ライオン” to 1,”シマウマ” to 3,”トラ” to 5,”ゾウ” to 1)
println(animalMbmap.size)

animalMbmap.put(“キリン”,8) // ①

animalMbmap.putAll(mapOf(“オオカミ” to 3, “サル” to 10)) // ②

println(animalMbmap)
println(animalMbmap.size)

println(“ーーーー処理終了”)
}

①はput関数で要素を1つ追加しています。
②はputAll関数で、要素を複数追加しています。
リストはadd関数だったので、使用する関数は異なりますね。

では、実行します。
sizeの出力結果も変わっていますし、要素も増えていますね。
マップ応用②−1

次は、削除をみてみます。

println(“〜動物リスト〜”)
val animalMbmap = mutableMapOf(“ライオン” to 1,”シマウマ” to 3,”トラ” to 5,”ゾウ” to 1)
println(animalMbmap.size)

animalMbmap.remove(“ライオン”) // ③

println(animalMbmap)
println(animalMbmap.size)

println(“〜空にします〜”)
animalMbmap.clear() // ④
println(animalMbmap)
println(animalMbmap.size)
println(animalMbmap.isEmpty())

③はremove関数で指定した要素を削除します。
④はclear関数で、マップの要素を全て削除します。
これらはリストと同じですね。

実行します。remove関数で要素が削除されているのがわかります。
また、clear関数で要素が空になっています。
マップ応用②−2

今回の処理もリストと同様にマップを使用する上ではよく使う
処理なので覚えておくと便利です。

今回はここまで🤚

では、また次回。

 

【Kotlin入門一覧はこちら】

コメント

タイトルとURLをコピーしました