【iPad】長いサイトも全網羅!フルページのスクリーンショットを取得する

iPad

こんにちは、当ブログ「ハジカラ」管理人のけーどっとけーです。

日々の様々な経験や発見を当ブログで紹介しています。
ほぼ毎日更新しているので、その他の記事も見ていただけると励みになります。

今回はiPadでフルページのスクリーンショットを撮ってみました。
通常のスクリーンショット(iPadに写っている画面のみ)を取得することもできますが、iPadでは長いWebサイトの全ページの画像を丸ごとPDFで保存しておくことができます。
取得方法も簡単なのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

iPadでフルページのスクリーンショットを撮ってみる

iPadでのスクリーンショットの撮り方はデバイスによって異なります。
こちらの公式サイトを参考にしてください。

Google ChromeブラウザでWebサイトを開きます。
スクリーンショットを撮ると画面左下に撮った画像が表示されます。
こちらをタップします。
iPadでフルページのスクリーンショット 撮る

スクリーンショットの編集画面が開きます。
スクロール分の画像を取得できる場合は「フルページ」の項目が表示されます。
iPadでフルページのスクリーンショット フルページボタン

「フルページ」をタップするとスクリーンショットを撮ったサイトの上から下までの画像を表示できます。
iPadでフルページのスクリーンショット フルページ表示

画面をスクロールすると下まで画像を確認できます。
iPadでフルページのスクリーンショット スクロール

フルページのスクリーンショットを保存する場合は、まず左上の「完了」をタップします。
iPadでフルページのスクリーンショット 保存

さらに保存先のフォルダを開いて「保存」をタップします。
iPadでフルページのスクリーンショット 保存完了

フルページのスクリーンショットはPDF形式のファイルで保存されました。
iPadでフルページのスクリーンショット 保存完了後

ファイルを開いてみるとバッチリフルページで保存できていました。
iPadでフルページのスクリーンショット 保存後開く

さらにSafariブラウザでWebサイトを開いてもフルページのスクリーンショットを撮ることができました。
iPadでフルページのスクリーンショット Safari
iPadでフルページのスクリーンショット Safari2

今回の一言・・・

Webサイトはどうしても縦に長くなってしまうので、ページ丸ごと画像で保存したい場合はiPadのフルページのスクリーンショット機能を積極的に使ってみましょう。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いiPadライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました