【iPad】コピーを貯める!Copiedアプリをインストールして使う〜インストール・設定編

iPad

こんにちは、けーどっとけーです😀

Apple製品は、MacBook ProとiPadを持っています。
どちらもお気に入りで使うのにストレスがなくスムーズに使えるのがいいですね。

Mac Bookを使う際には、「Clipy」というコピーしたテキストなどをストックしておけるアプリをよく使います。
文章を書くときなど複数のテキストを保持でき、好きなテキストをペーストできるので大変便利なアプリです。

最近は、iPadでも文章を書く時間が増えてきているので、同じく「Clipy」を使いたいところなのですが、残念ながらiPad版はないようです。

そこで、他のアプリを探してみたところ、iPhone・iPad用に複数のコピーを貯めておけるアプリ「Copied」があるのを知りました。

今回は、この「Copied」をiPadにインストールしちょっと使ってみました。
有料版もありますが、ここでは無料版を使用します。

スポンサーリンク

Copiedをインストールする

CopiedはAppStoreから検索して探すか、こちらのURLからAppStoreの該当ページを開いてみてください。

Copiedのインストールページの「入手」をタップします。
Copied 入手

指紋認証を行うと、ダウンロード&インストールが開始します。
Copied 指紋認証

インストール完了しました。
「開く」をタップすると、Copiedが起動します。
Copied 開く

Copiedを起動して使う

初回起動は設定や説明のための小ウィンドウが表示されました。
表示・表記はすべて英語になっています。
Copied Welcome

「Continue」をタップすると次へ、右上の「Skip」をタップすると小ウィンドウが閉じます。

Copiedアプリを起動した時に新しいクリッピング(保管)を自動保存する設定ができます。
Copied コピータイミング

コピーを保存するには、ドラッグ&ドロップなどいくつか方法があるとのことです。
Copied コピー方法

通常コピーをクリップ(保存)できるのは10個までになりますが、有料版を使えばクリップ数を増やすことができます。
Copied 有料版

無料版で使用するので、右上の「Later」をタップして小ウィンドウを終了します。
これらの設定は後でもできるので、この小ウィンドウはSkipしてもらっても構いません。

↓↓使用は次回行います。

今回の一言・・・

やはりコピーを複数保存しておける機能があったほうが便利ですね。
Copiedは評判もいいので使ってみるのが楽しみです。
iPadだけでなくiPhoneでも使用できるので、気になった方はインストールしてみてください。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました