ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【レビュー】YamayのSW018スマートウォッチを使ってみた(スマホと同期編)

calendar

reload

【レビュー】YamayのSW018スマートウォッチを使ってみた(スマホと同期編)

こんにちは、K.Kです😀

今回は、前回(起動編)の続きで、Yamayのスマートウォッチをスマホと同期させます。

スポンサーリンク

スマートウォッチとスマホをBluetooth接続させる

前回見たアプリ起動後のスマホ画面からです。
画面下にある「使用を開始する」をタップします。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−1

タップすると、スキャン画面が出てきます。
ここでスマートウォッチのQRコードを読み取るか自動で設定するのですが、小一時間やり方がわかりませんでした。

Bluetoothで接続させる2つの方法を以下に紹介します。
操作する前に、スマホのBluetoothはONにしておいてください。
なお、使用しているスマホはAndroidのバージョン6.0.1です。

QRコードを読み取る方法

スマートウォッチをタッチして、セットアップ項目を出します。

トップの時計ページから横にフリックすると、メニューが切り替わるので、その中から「設置」という項目を見つけます。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−2

この設置画面をタップします。

セットアップメニューに切り替わります。
ここから「RunToApp」をタップします。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−3

「二次元コード」という画面に切り替わります。
ここがわからなかったんですが、ここの「Android」はタップできます。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−4

以下のようにQRコードが表示されるので、それをアプリのスキャン画面で読み取ります。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−5

手動でスマホに接続する方法

スマホアプリのスキャン画面の下に「手動接続」があります。
ここをタップすると手動でスマートウォッチとの接続ができます。

「手動接続」のタップで、スマホアプリが「機器検索」画面に切り替わります。
該当するスマートウォッチの名称をタップします。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−6

スマートウォッチの名称がわからない場合は、先ほどのスマートウォッチの設定画面から「アバウト」をタップします。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−7

このアバウト画面で、スマートウォッチの名称を確認できます。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−8

接続完了

スマホとスマートウォッチの接続が完了すると以下の画面が表示されます。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−10

またこれで両者の同期も完了し、スマートウォッチ側の時刻が正しい時間になっていました。

アプリにアカウントを作成する

接続が完了したら、アプリで新規アカウントを作成します。
アプリに表示された「ログイン」か「登録」をタップします。

なんかどちらを選択しても以下の画面になりました。
GoogleやFaceBookのアカウントでも使用OKです。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−11

ログインできると、以下の画面が表示されます。
Yamayのスマートウォッチ「SW018」2−12

ここからはセットアップと使用のためのチューニングになります。
次回に行います。

今回の一言・・・

使い方はシンプルなのですが、どこをタップすればいいのか使用感で戸惑うことがありました。
ただ、操作を進めれられれば、接続と同期は簡単にできるのでハード面で苦戦することは全くなかったのは助かります。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

↓次回はこちら

↓↓Yamayの他のスマートウォッチはこちら