ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【コンテナ】Dockerのバージョンアップとエラーを解消した話

calendar

こんにちは、K.Kです😀

以前、MacにDockerをインストールしました。

今回は、使おうと思ったらバージョンアップが開始ししたのでその手順をまとめました。

スポンサーリンク

Docker起動をしたらバージョンアップを求められた

LaunchpadからDockerをクリックして起動します。
Docker バージョンアップとエラー

起動すると、バージョンアップのウィンドウが出てきました。

今回のバージョンアップはバージョン18.09.2へのバージョンアップです。
なお、「CVE-2019-5736」とは権限昇格の脆弱性に対する修正で、すぐにバージョンアップ対応した方がいいようです。
「Install Update」をクリックするとインストールが開始します。
Docker バージョンアップとエラー ウィンドウ

なお、現在のDockerのバージョンは18.09.0です。
ここから、18.09.2にバージョンアップします。Docker バージョンアップとエラー 現在のバージョン

バージョンアップを行いバージョンを確認する

まずはバージョンアップのためのデータをダウンロードします。
Docker バージョンアップとエラー インストール開始

ダウンロードは数分待ちます。

「Ready to Install」と表示されたら、「Install and Relaunch」をクリックします。
インストールと再起動ですね。
Docker バージョンアップとエラー ダウンロード完了

ウィンドウが消えたら、バージョンを確認します。
Dockerのバージョンを確認するには、ターミナルを開いて

と打ちます。

しかし、バージョンは「18.09.2」になっていますが、「Bad response from Docker engine」というエラーが出ています。
Docker バージョンアップとエラー バージョン確認

エラーを解消する

このエラーはDockerが正常に起動していないようです。

画面の上部メニューのDockerアイコンをクリックします。
Docker バージョンアップとエラー アイコン
そこから「Preferences」をクリックします。

環境設定画面が開きます。
右側にある「Reset」をクリックします。

ここの「Restart」をクリックして正常に起動すればOKです。
僕の場合はそれでもダメだったので、その中の「Reset to factory defaults」をクリックしました。
ただしこのボタンはDockerの設定を初期化するので注意してください。
僕はまだ対して設定していないので気にはしませんでしたが・・。
Docker バージョンアップとエラー 解消

「Reset to factory defaults」をクリックした時の手順です。
「Reset」をクリックします。
Docker バージョンアップとエラー reset

「Restart」をクリックします。
Docker バージョンアップとエラー リスタート

「Next」をクリックします。
Docker バージョンアップとエラー リセット

「OK」をクリックします。
Docker バージョンアップとエラー OK

これでしばらく待って、バージョン確認を行います。
バージョン18.09.2で正常に起動できています。
Docker バージョンアップとエラー バージョン確認正常

今回の一言・・・

慣れていないソフトウェアだと戸惑うことが多いです。
いろいろエラーを出して、調べながら体で覚えていきましょう。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。