Windowsお馴染みのアプリ群!?Windows11のWindowsツールをチェックしてみる

Windows

こんにちは、当ブログ「ハジカラ」管理人のけーどっとけーです。

日々の様々な経験や発見を当ブログで紹介しています。
ほぼ毎日更新しているので、その他の記事も見ていただけると励みになります。

今回は、Windows11に標準インストールされている「Windowsツール」を使ってみました。
Windows11はこれまでのWindows10とはレイアウトやアプリの配置が多少異なっています。
WindowsツールはコマンドプロンプトやディスククリーンアップといったWindowsお馴染みの管理向けツールがまとめて入っているフォルダになります。
PCやWinodwsが不調な場合や調査が必要な場合は、このWindowsツールを開くと欲しいアプリにスムーズにアクセスできます。

スポンサーリンク

Windows11のWindowsツールをチェックする

まずはスタートメニューからすべてのアプリの一覧を開きます。

アプリ一覧にある「Windowsツール」をクリックします。
Windows11 Windowsツール 開く

Windowsツールが開きました。
システム管理者や高度なユーザー向けのツールが入っているとのことです。
Windows11 Windowsツール  開いた

高度なユーザー向けとは言ってもコマンドプロンプトやコントロールパネルなど通常でも使うお馴染みのアプリも入っています。

ODBCデータベースも入っていました。
こちらはデータベースに接続しデータを閲覧できるなど開発で利用できるツールです。
Windows11 Windowsツール  ODBC

このようにコマンド操作でWindowsの状態や操作を行えるコマンドプロンプトやPowerShellも入っています。
Windows11 Windowsツール   PowerShell

コントロールパネルも入っているのですぐに開けます。
Windows11 Windowsツール  コマンドプロンプト

ディスククリーンアップや「ドライブのデフラグと最適化」も入っています。
PCの動作が重い時に使用すると解消できるかも。
Windows11 Windowsツール  クリーンアップ

ほぼ使ったことはありませんがパフォーマンスモニターもありました。
CPUやメモリの使用状況をチェックできます。
Windows11 Windowsツール  パフォーマンスモニター

なお「Windowツール」をタスクバーやスタートメニューにピン留めしておくと素早くアクセスできます。
Windows11 Windowsツール  ピン留め

今回の一言・・・

Windows11はレイアウトや使い勝手が初心者向けに便利になった反面、昔から使用しているユーザーにとっては戸惑うこともあります。
Windowsの馴染み深いアプリを使いたい場合はWindowsツールを開いてみるといいかもしれません。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いWindowsライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました