Macに標準装備!辞書アプリを使ってみる

スポンサーリンク
Mac

こんにちは、けーどっとけーです😀

MacはMacBook Proを使って3年ほどになります。
非常にレスポンスが良くスムーズに操作できるので楽しんで使っています。

今は今年リリースされた最新のmacOS BigSurを使っています。
多少レイアウトは変わっていますが特にストレスなく使い続けています。

今回は、Macに標準でインストールされている「辞書」アプリを使っていました。
通常の日本語の辞書や英語辞典だけでなく、Appleの用語やWikipediaも調べられる高性能な辞書になっています。

スポンサーリンク

Macの辞書アプリを使ってみる

すでにインストールされているので、アプリ一覧から「辞書」というアイコンをクリックして起動します。
Mac辞書アプリ 起動

Spotlightから「辞書」と入力しても起動できました。

辞書アプリが起動しました。
Mac辞書アプリ 起動後

辞書アプリで使用できる辞書は、6種類あります。

まずは日本語辞典。こちらは「スーパー大辞林」になっています。
Mac辞書アプリ 日本語

英和/和英辞典は、「ウィズダム」になっています。
Mac辞書アプリ 英和

英語辞典は「ニューオックスフォード」になっていました。
Mac辞書アプリ 英語

英語シソーラス(同義語辞典)には「オックスフォード」が使われています。
Mac辞書アプリ 英語シソーラス

さらにApple用語も調べることができます。
Mac辞書アプリ Apple

そして最後にWikipediaの内容も調べることができます。
Mac辞書アプリ Wikipedia

用語を調べるには、画面右上の検索窓に用語を入力します。
ここでは「organization」を入力してみました。
画面左に関連ワードが一覧表示されます。
Mac辞書アプリ 用語入力

用語をクリックすると意味が表示されます。
ここでは「Wikipedia」タブをクリックしているので、Wikipediaの内容だけ表示されています。
Mac辞書アプリ 結果表示

「すべて」タブをクリックすると、すべての辞書での結果を一覧表示してくれます。
Mac辞書アプリ すべて結果

さらにブラウザ画面上に表示されている文字を辞書で調べることもできます。

カーソルを合わせて「command」+「control」+「D」キーを同時に押すと辞書結果が表示されます。

この場合は辞書アプリを起動させる必要はなくキーを打つだけなので、こちらの方が用途は広いかも。
Mac辞書アプリ コマンド

ここではChromeの画面上で辞書結果を出しています。
その他、メモ帳アプリでも結果を出すことができました。
Mac辞書アプリ ブラウザ

今回の一言・・・

文字を読んだり書いたりしているとふと意味を調べて確認したくなるときもあるので、このような辞書アプリをうまく活用していけるといいかも。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました