ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Google » Google検索で!ARで目の前に動く恐竜を表示する

Google検索で!ARで目の前に動く恐竜を表示する

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

Googleはマップやドライブなど様々なサービスを展開していますが、もともとある検索機能も進化させたりしています。

Google検索で、恐竜の名前(ティラノサウルスやヴェロキラプトルなど)で検索するとその3DモデルをARで目の前に表示することができるとのことです。

小さい頃から恐竜は好きなのですごく楽しみます。
今回は、Google検索から恐竜を何体かAR表示してみました。
ここでは、AndroidとiPadを使って表示しています。

スポンサーリンク

Googleでティラノサウルスなど検索する

まずはAndroidで「ティラノサウルス」をGoogle検索します。
Google検索恐竜AR 検索結果

少し下に画面をスクロールして「3D表示」をタップします。
Google検索恐竜AR 3D表示

ティラノサウルスが3D表示されます。
ティラノが動くし声も出します。
ここから「周囲のスペースに表示する」をタップするとAR表示に切り替わります。
Google検索恐竜AR 3D

「モード切り替え」画面が開きます。
「アクセスを許可」をタップします。
Google検索恐竜AR アクセス許可

カメラが起動し周囲が映ります。
スマートフォンを動かし続けます。
なお輪っかのようなアイコンをタップすると動画が撮れるようです。
Google検索恐竜AR 周囲の様子

夜だと明るさが足りずAR表示できませんでしたが、昼にやったら見事に目の前にティラノが現れました。
Google検索恐竜AR 表示成功

動画を撮るとこのような感じです。
ヌルヌル動くし声も上げるので迫力あります。

他にはヴェロキラプトルもみてみましょう。
Google検索恐竜AR ヴェロキラプトル

このように表示されました。
Google検索恐竜AR ヴェロキ表示

さらにプテラノドンも表示してみました。
プテラは飛んでる様子とかも見てみたかったかも・・・。
Google検索恐竜AR プテラノドン

さらにiPadでも表示してみました。
同じようにGoogleで恐竜名を検索して操作するだけです。

Androidスマートフォンとの違いは、こちらのティラノサウルスは大きく表示されました。
Google検索恐竜AR iPadで

部屋いっぱいにティラノが現れるので、正直迫力はかなりあります。
Google検索恐竜AR 部屋一杯

恐竜好きだとこの大きさは結構感動すると思います。
Google検索恐竜AR 尻尾

今回の一言・・・

技術の進歩はすごいですね。
Googleで検索するだけなのでぜひ一度見てみてください。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。