ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

eclipseのjavaバージョンアップに伴う不整合エラー

calendar

こんにちは😀

今回は、eclipseのjavaのバージョンを上げたところエラーが
発生したのを解決したので、eclipseの内容理解も含めて備忘録
として記載します。

eclipseとは「エクリプス」と呼び、統合開発環境の1つに
なります。
javaの開発ではよく使われるツールです。
eclipseは色々な開発環境のベースになっています。
Android Studioもその1つです。
なのでeclipseの使い方を知っていると他のソフトでも
使えたりします。

今回は、eclipseのバージョンを上げたところ、サーバの起動
で、以下のエラーが発生しました。
なお、eclipseのバージョンはNeonで、
javaのバージョンは1.5から1.7に上げています。

バージョンの不整合エラーのようなのですが、解明に少々
悩みました。

原因は、eclipseのjavaのコンパイラーはバージョン1.7に
合わせていましたが、「インストール済みのJRE」の設定が
バージョン1.5になっていたため不整合が発生しました。

「JRE」とは、「java runtime environment」の略で、java
で作成したプログラムを動かすソフトです。
javaを作成するときに使用する「JDK」は、
「java development kit」の略で、JREはJDKに含まれます。
なので、「インストール済みのJRE」はjavaを動かすJREの
バージョンを指定する項目になります。

eclipseのメニューバーの、ウィンドウ > 設定 > javaから
「コンパイラー」を選択し、コンパイラー準拠レベルを
設定します。(今回はバージョン1.7にします。)

同じくウィンドウ > 設定 > javaから「インストール済みのJRE」
を選択し、使用するJREを設定します。

あとは、プロジェクトからプロパティ >  javaのビルド・パス
のライブラリーも同様のバージョンのJREライブラリーが
設定されていることを確認します。

念のため、プロジェクトからプロパティ > javaコンパイラー
のコンパーラー準拠レベルも確認しておきます。

なので、javaのバージョンを上げたい場合には、
eclipse設定の「コンパイラー」と「インストール済みのJRE」、
プロジェクトの「コンパイラー」と「ビルド・パスのライブラリー」の4つを確認しましょうということですね。

今回はここまで🤚

では、また次回。