AWS試験を受ける前に!AWS Training &Certificationをセッティングしてみる

スポンサーリンク
アプリ・ソフトウェア・サービス

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、その機能やアプリに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。

ここ1年ほどAmazonのクラウドサービス「AWS」を仕事でも使うことが多くなりました。
現在はせっかくなのでAWSの認定試験を受けようと思い計画的に勉強しています。
今回は、AWS試験の申し込みなどが行える「AWS Training &Certification」をセッティングしてみました。

スポンサーリンク

AWS Training &Certificationを開く

インターネット接続でこちらからアクセスできます。
こちらは試験のスケジュールや管理、試験の申し込み等が行えるサイトになります。
AWS Training &Certification 開く

使用するにはサインインをクリックします。
AWS Training &Certification サインイン

使用しているアカウントでサインインします。
持っていない場合は新規アカウントを作成しましょう。
AWS Training &Certification アカウントでサインイン

AWS Training &Certificationのセッティングを行う

初回サインインの場合はセッティングを行います。

ファーストネーム・ラストネーム・メールアドレス等を入力して「アカウントの作成」をクリックします。
AWS Training &Certification アカウントの作成

次に認定同意書を確認します。
AWS Training &Certification 認定同意書

同意書を確認したらチェック項目にチェックを入れて、「送信」をクリックします。
AWS Training &Certification 同意書送信

さらに性名を入力して「Confirm」をクリックします。
AWS Training &Certification コンファーム

さらに次には「人口統計」をクリックします。
AWS Training &Certification 人口統計

住所などを記入します。
AWS Training &Certification 住所

最後に設定の更新を行います。
AWS Training &Certification 設定の更新

質問の回答を選択して完了です。
AWS Training &Certification 質問の回答

これでAWS Training &Certificationが使用できるようになりました。
AWS Training &Certification 設定完了

今回の一言・・・

セッティングは多少時間がかかりましたが、性名は試験時の身分証との一致に使用するので正確に入力しておきましょう。
AWSをよりよく理解するためにも試験勉強も効率的に行っていきたいものです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いクラウドライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました