長いサイトもテキストの範囲選択で簡単シェア!Google Chromeの「選択箇所へのリンクをコピー」を使ってみる

スポンサーリンク
Google

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、その機能やアプリに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。

ブラウザはPCでもスマホでもタブレットでも「Google Chrome」を使っています。
マップやフォトなどGoogleのサービスはよく使っているのでブラウザもChromeを使っています。
Chromeはデザインの色を変更したり拡張機能を使えたりと使用の幅が広いのが特徴です。
今回は、そのChromeの新機能「選択箇所へのリンクをコピー」を使ってみました。
この機能を使うとサイトの特定の箇所(テキスト)をリンクとして残しておくことができ、さらに他の人へシェアできます。

スポンサーリンク

Google Chromeの「選択箇所へのリンクをコピー」を使ってみる

ここではPCのGoogle Chromeアプリで操作しています。

まずリンクコピーしたいサイトの該当箇所を開きます。
Chrome 選択リンクコピー 開く

リンクさせたいテキスト箇所を範囲選択します。
Chrome 選択リンクコピー 範囲選択

そのまま右クリックして、メニューにある「選択箇所へのリンクをコピー」をクリックします。
Chrome 選択リンクコピー メニュー

Chromeの新しいタブにコピーしたリンクを貼り付けます。
Chrome 選択リンクコピー 貼り付け

リンクを開くと範囲選択したテキストが強調されてその箇所が開きます。
Chrome 選択リンクコピー テキスト箇所

なおコピーしたテキストを貼り付けると通常より長いURLになります。
このURLを他の人にシェアすれば長いリンク先でもピンポイントなテキスト箇所を指し示すことができます。
Chrome 選択リンクコピー 長いURL

なお画像を右クリックすると「画像アドレスをコピー」が選択できます。
Chrome 選択リンクコピー 画像アドレス

こちらのリンクだと画像が表示されるだけなので、「選択箇所へのリンクのコピー」のような使い方は出来なさそうです。
Chrome 選択リンクコピー 画像を開く

今回の一言・・・

テキストにしか使えないようですが、「選択箇所のリンクをコピー」を使うとサイトの該当箇所を正確に相手に伝えられるので素早いコミュニケーションをしたい場合に非常に便利です。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いアプリライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました