画像の検索や翻訳に!Googleフォトの「レンズ」機能を使ってみる

アプリ・ソフトウェア・サービス

こんにちは、当ブログ「ハジカラ」管理人のけーどっとけーです。

日々の様々な経験や発見を当ブログで紹介しています。
ほぼ毎日更新しているので、その他の記事も見ていただけると励みになります。

今回は、スマホ版Googleフォトの「レンズ」機能を使ってみました。
Googleレンズ機能はGoogleが開発した画像認証技術です。
Googleフォトに保存した対象の写真や画像を読み取って、関連する検索結果や翻訳や宿題の解答を表示してくれます。
写真の元になる場所や画像の文字の翻訳など要所要所で役に立つ機能です。

ここではAndroidで操作しています。

スポンサーリンク

Googleフォトの「レンズ」機能を使ってみる

アプリを起動して解析したい写真または画像をタップします。
さらに画面下にある「レンズ」をタップします。
Googleフォト レンズ 起動

検索機能を使う

「検索」をタップするとGoogle検索結果を表示できます。
Googleフォト レンズ 検索開く

関連する画像検索結果を表示できます。
これで該当の写真を撮った場所がわからなくなってもどこの場所か店舗かを思い出すことができるかも。
Googleフォト レンズ 画像検索結果

「検索」の他に「翻訳」または「宿題」のボタンをタップすることもできます。
しかし対象の画像に翻訳する文字や宿題に関するテーマがない場合は結果を表示できません。
Googleフォト レンズ 翻訳できない場合
Googleフォト レンズ 宿題表示できない

翻訳機能を使う

テキスト画像を開いて同じく「レンズ」をタップします。
Googleフォト レンズ 翻訳

次に「翻訳」をタップします。
Googleフォト レンズ 翻訳使う

「訳文の言語」で翻訳先の言語を選択します。
ここでは「英語」を選択しました。
Googleフォト レンズ  訳文の言語

言語を「英語」に翻訳できました。
Googleフォト レンズ 翻訳言語選択

宿題機能を使う

数式の部分をレンズで読み取らせます。
さらに「宿題」をタップします。
Googleフォト レンズ 宿題数式

数式に関するGoogle検索結果を表示してくれました。
ただ本当に数式の正解かはよく吟味した方が良さそうです。
Googleフォト レンズ 宿題数式結果

今回の一言・・・

画像の元や意味がわからずモヤっとする場合にきっと役に立つ機能です。
Googleフォトに画像を保存するだけで無料で使えます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いアプリライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました