少ない操作で寝ている間に完了!?Windows10のPCをWindows11にアップグレードする

スポンサーリンク
Windows

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを購入して以来、その機能やアプリに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他デバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利で面白いアプリを使ってみることを趣味としています。

今回は、Windows10のPCをWindows11にアップグレードしてみました。
Windows11は10月5日にリリースされたので早速使ってみるためにアップグレードします。
途中で睡眠を挟んでおり、だいたい10時間ほどで完了したかと思います。(速度はネットワーク環境により変わります。)
ここではかかった時間や手順を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、お使いのPCがWindows11の要件を満たしているかは以下の記事を参照してください。

スポンサーリンク

Windows11のインストールファイルをダウンロードする

まずはWindows11の公式ダウンロードサイトを開きます。
Windows11アップグレード サイト

ダウロード方法は3種類用意されていますが、ここでは最適な方法の「Windows11インストールアシスタント」で行います。
Windows11アップグレード インストールアシスタント

「+作業を開始する準備」をクリックすると操作手順が表示されます。
Windows11アップグレード 作業手順

「今すぐダウンロード」をクリックすると、インストールファイルをダウンロードできます。
Windows11アップグレード ファイルダウンロード

Windows11へのアップグレードを開始する

実行前に途中でバッテリー切れが起きないようPCを電源ケーブルに接続しておくといいかと思います。
Windows11アップグレード 電源ケーブル

ダウンロードしたファイル「Windows11InstallationAssistant.exe」をダブルクリックします。
Windows11アップグレード ファイルダブルクリック

「現在、SmartScreenを使用できません」と表示されたら「実行」をクリックします。
Windows11アップグレード smartscreen

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」が表示されたら「はい」をクリックします。
Windows11アップグレード デバイス変更許可

インストールアシスタント」が起動しました。
Windows11アップグレード インストールアシスタント

「ライセンス条項」を確認して「同意してインストール」をクリックします。
Windows11アップグレード 条項同意

Windows11へのアップグレードが開始しました。
この開始時間が19:40くらいです。このまま放置します。
Windows11アップグレード 開始

なおインストールアシスタント画面を最小化してしまった場合は、画面右下のアイコンをクリックすると開き直すことができます。
Windows11アップグレード 最小化

開始して4時間ほど経った24:00だと「完了した割合:29%」でした。
Windows11アップグレード 完了した割合

ここから睡眠をとりました。

2:00くらいに目を覚まして確認したところ「完了した割合:50%」になっていました。
Windows11アップグレード 完了した割合半分

そして朝6:30くらいに起床して確認するとアップグレードは完了していました。
Windows11アップグレード 完了

後はEnterキーを押下して、数分待ちます。
Windows11アップグレード 数分待つ

待つこと3分ほどでWindows11が起動しました。
デスクトップに配置していたファイルなどはそのままになっていました。
Windows11アップグレード 起動

これにてWindows11へのアップグレード作業は完了です。

今回の一言・・・

時間はかかりましたが、手間のかかる操作がほとんど必要なかったので簡単にアップグレードできました。
これから使ってみるのが楽しみです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いWindowsライフを。

↓10日以内であればWindows10への復元が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました