ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Google » 使い方はシンプル!Google描画キャンパスを使ってみる

使い方はシンプル!Google描画キャンパスを使ってみる

calendar

こんにちは、K.Kです😀

今回は、Chrome上でお絵かきができる「描画キャンバス」を使ったのでそのまとめです。

スポンサーリンク

Googleの描画キャンバスを開く

ダウンロードは不要です。
Chromeをインストールしてアカウントがあれば使用できます。

以下のリンクをクリックすると開きます。

Chromeでアクセスすると以下の画面が表示されます。
「設定を開始」をクリックします。
描画キャンバス スタート

開始すると以下の画面が出ます。
無駄なボタンもなく、見たらなんとなく使い方がわかるインターフェースです。
Google描画キャンバス 新規

Google描画キャンバスを使う

左欄にペンの絵があるので、これを使って絵や文字を書くことができます。

まずは、万年筆を使ってみます。
Google描画キャンバス 万年筆

上の矢印マークの左側を押すと1つ前に戻ります。
Google描画キャンバス 戻る

次は、鉛筆で「命」と書いてみました。
鉛筆っぽさが出ていますね。
Google描画キャンバス 鉛筆

消しゴムを使うと部分的に消すことができます。
Google描画キャンバス 消しゴム

これはコンテでしょうか?
太い線で描くことができます。
Google描画キャンバス コンテ

そして、マジックペンです。
Google描画キャンバス ペン

それぞれ特徴がよく出ています。
黒で書きましたが、もちろん他の色で描くこともできます。

●を押すと、パレット画面が開きます。
Google描画キャンバス パレット

赤を選択してみました。
これで鉛筆を選択して描くと、赤鉛筆になります。
Google描画キャンバス 赤鉛筆

描いた絵をダウンロードする

保存自体は自動で行ってくれます。
また、描いたものをPCやスマホにダウンロードすることもできます。

右上の3つの点をクリックし、「図形描画を書き出し」をクリックします。
Google描画キャンバス ダウンロード

すると、png形式で作成した絵がダウンロードされました。
Google描画キャンバス ダウンロード完了

ホーム画面を開く

画面左上の家マークをクリックします。
Google描画キャンバス ホーム

ホーム画面に移動します。

先ほどの画像がアイコンになっています。
また、新規作成したい場合は「新しい図形描画」をクリックします。
Google描画キャンバス ホーム

ここでは、「画像から新規作成」をクリックします。
こちらを選択すると、保存してある画像を呼び出すことができます。

このように。
そしてこの画像に描画できます。
ただこの画像だと色で描いても見辛いので、もっと色の白が多い画像の方が使いやすそうです。
Google描画キャンバス 画像を使う

今回はMacで描いてみました。
Androidでも試してみましたが、自分の持っているのでは描画キャンパスが読み込まれませんでした。
古いスマホなので処理が重くなっていたかもしれません。

今回の一言・・・

今回はMacのトラックパッドで描きました。
実際は、タブレットでペンを使って描くのが丁度いいでしょう。
ご覧のようにシンプルで使いやすいのでぜひ一度使ってみてください。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。