ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Google » ホワイトボードを複数端末で共有!Google Jamboardを使ってみる

ホワイトボードを複数端末で共有!Google Jamboardを使ってみる

calendar

reload

ホワイトボードを複数端末で共有!Google Jamboardを使ってみる

こんにちは、けーどっとけーです😀

Googleはご存知の通り様々なサービスを提供しています。
Google Chromeやマップやフォトやドライブなど普段よく使っているおなじみのサービスもあるでしょう。

そんなGoogleのサービスを調べていたところ、「Google Jamboard」という端末の画面上で共有できるホワイトボードのサービスがあることを知りました。
今回はこのGoogle Jamboardを使ってみます。

スポンサーリンク

Google Jamboardを開く

こちらからアクセスできます。
ここでは、パソコンのGoogle Chromeから操作します。

Google Jamboardを開きました。
Google Jamboard 開く

右上からオーナーの指定ができます。
Google Jamboard オーナー

「自分がオーナー」を指定して、Jam作成のために右下の「+」をクリックします。
Google Jamboard 作成

新規のJam(ホワイトボード)が開きます。
Google Jamboard Jam

ホワイトボードへの描画は左のメニューから選択できます。
上からペン・消しゴム・矢印・付箋・画像追加・レーザーと並んでいます。
Google Jamboard メニュー

「ペン」を選択するとこのようにホワイトボード上に文字や絵をフリーハンドで描くことができます。
Google Jamboard ペン

「付箋」を選択するとウィンドウが表示されます。
色を選べ文字を入力できます。
Google Jamboard 付箋

作成した付箋はホワイトボード上に自由に配置できます。
Google Jamboard 付箋配置

「画像追加」では、好きな画像を選択して配置できます。
Google Jamboard 画像追加

「レーザー」はペンライトのようなもので場所を指し示すことができます。
レーザーはすぐに消えるのでホワイトボードに残ることはありません。
Google Jamboard レーザー

Google Jamboardを共有する

作成したJam(ホワイトボード)は他の端末と共有することができます。

画面右上の「共有」をクリックします。
Google Jamboard 共有

ユーザーやグループを選択したら「送信」をクリックします。
Google Jamboard 送る

送信先のGmailアドレスをここではiPadのChromeで開きます。
「Jamboardで開く」をタップします。
Google Jamboard 送信先

このようにiPad画面上でGoogle Jamboardを共有できました。
Google Jamboard 共有完了

ここでiPad上で文字を描くと共有されます。

パソコン上で見るとこのような感じです。
他の端末から操作するとユーザーアイコンが表示されます。
Google Jamboard 他から操作

画面左上の「無題のJam」をクリックするとホワイトボードの名称を入力できます。
Google Jamboard 名称

画面左上のGoogle Jamboardアイコンをクリックするとホーム画面に戻ります。
ホワイトボードは保存でき、複数作成することが可能です。
Google Jamboard 保存

今回の一言・・・

テレワークなどで仕事をするときなどにも、考えや計画をリアルタイムで共有できるのでちょっとしたミーティングでも活用できるでしょう。
ネットワークが貧弱だとちょっと画面の表示に時間がかかるかもしれません。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。