ドライブレコーダーとアプリを連携!Yupiteru(ユピテル)の「DRY Remote TypeC」をインストールして使ってみる

スポンサーリンク
アプリ・ソフトウェア・サービス

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

大学生の頃にWindowsのPCを購入して以来、その機能やアプリに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他デバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。

今年は初めてクルマを購入し、ドキドキワクワクしながらドライブを楽しんでいます。
クルマには日本メーカー「Yupiteru(ユピテル)」のドライブレコーダー「SN-TW81d」を取り付けています。
こちらのドライブレコーダーは前後の動画を撮影し夜でも鮮明に動画を保存してくれます。
ユピテルDRY Remote TypeC ドライブレコーダー

さらに、こちらのドライブレコーダーは「DRY Remote TypeC」というアプリをインストールすることでスマホとも連携が可能です。
今回はこちらのアプリをインストールしてドライブレコーダーと接続してみました。

スポンサーリンク

YupiteruのDRY Remote TypeCアプリをインストールする

こちらの公式サイトからインストールが可能です。
ユピテルDRY Remote TypeC サイト

ここではAndroidスマホにインストールします。
「Google Play」ボタンをタップします。

インストールページが開いたら「インストール」をタップします。
ユピテルDRY Remote TypeC Google Play

インストール完了後、「開く」をタップするとアプリが起動します。
ユピテルDRY Remote TypeC インストール完了

DRY Remote TypeCとドライブレコーダーを接続する

Yupiteruのドライブレコーダーとアプリを無線LAN接続できます。
接続する場合は、ドライブレコーダーの「無線LAN」ボタンを押します。

アプリを起動すると「位置情報の利用について」という画面が開きます。
「同意」をタップします。
ユピテルDRY Remote TypeC 位置情報

初回起動は「権限がありません」と表示がありました。
「権限」をタップして権限設定を行います。
ユピテルDRY Remote TypeC 権限設定

アプリ情報画面が開きます。
「権限」をタップします。
ユピテルDRY Remote TypeC アプリ情報画面

「カメラ」と「位置情報」を許可します。
ユピテルDRY Remote TypeC 位置情報 カメラ

許可は「常に許可」と「アプリ使用中のみ許可」とあります。
「位置情報」は「常に許可」に設定しておいた方が毎回スムーズに起動できました。
ユピテルDRY Remote TypeC 常に許可

カメラアイコンをタップします。
ユピテルDRY Remote TypeC カメラ

音声の録音も許可します。
ユピテルDRY Remote TypeC 音声許可

無線LANアイコンをタップして、「YP-」から始まるLANに接続します。
ユピテルDRY Remote TypeC 接続

画面に表示された「YP-」から始まるLAN名をタップします。
ユピテルDRY Remote TypeC LAN名

さらに写真やメディアのアクセスも許可します。
ユピテルDRY Remote TypeC メディアアクセス

「接続しますか」と表示されるので「確定」をタップします。
ユピテルDRY Remote TypeC 接続

接続できました。
ドライブレコーダーの映像をスマホアプリに表示できます。
ユピテルDRY Remote TypeC 接続完了

今回の一言・・・

他にもアプリから設定の変更や保存した動画をダウンロードできます。
ドライブレコーダーとアプリの連携をうまく使っていきたいと思います。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いアプリライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました