アップデートに要する時間が見える!Windows 11のWindows Updateを実行してみる

スポンサーリンク
Windows

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、その機能やアプリに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。

最近はプライベートで使っているWindowsのPCをWindows11にアップグレードして使っています。

Windowsといえば、定期的にセキュリティや新機能のためにアップデートできる「Windows Update」が使えます。
今回は、Windows11の「Windows Update」を実行してみました。

スポンサーリンク

Windows11のWindows Updateを行ってみる

画面右下に「Windows Update」に更新内容があるアイコンが表示されていました。
こちらをタップするとWindows Updateの設定画面が開きます。
Windows11 Windows Update アイコン

Windows Update画面が開きました。
Windows11 Windows Update 設定画面

再起動が必要なアップデートがあります。
Windows11では再起動に必要な時間が記載されています。
アップデートを実行するには「今すぐ再起動する」をクリックします。
Windows11 Windows Update 今すぐ再起動

なお、スケジュールによるアップデートも可能なようです。
Windows11 Windows Update スケジュール

アップデートを開始するとPCの再起動が始まりました。
Windows11 Windows Update 再起動

途中で現在何%アップデートが完了したかの進捗が表示されます。
表記がちょっと変な日本語になっているのが気になりますが・・。
Windows11 Windows Update 進捗

アップデートが完了した後、再度「Windows Update」を開いてみました。
変更の履歴」をクリックすると過去に行ったアップデートを確認できます。
Windows11 Windows Update 完了後

直前で行ったアップデート作業も履歴に残っています。
Windows11 Windows Update 履歴確認

更新プログラムもあったのでこちらもインストールしてみます。
Windows11 Windows Update 更新プログラム

Windowsの状態が最新であると緑のチェックマークが表示されます。
Windows11 Windows Update 最新の状態

今回の一言・・・

今までの「Windows Update」と大きな違いはないですが、Windows11では再起動に要する時間が表示されているのがより便利になったと感じます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いWindowsライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました