【Windows11】Windowsセキュリティの設定!デバイスセキュリティのメモリ整合性をオンにする

スポンサーリンク
Windows

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

MacとWindowsのPCに加えてITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。
日々の経験や発見を当ブログでまとめています。
ほぼ毎日更新しています!他の記事も見ていただけると嬉しいです。

今回はWindows11の「Windowsセキュリティ」を使ってみました。
ウイルススキャンやセキュリティ設定などが行え、PCの最新のセキュリティ状態も把握できる便利なツールです。

Windows10にも同じツールはありますが、名称が「Windows Defender」だったり「Windowsセキュリティ」だったります。
参考にしてください。

【Windows】無料でウィルス対策!?Windows Defenderを使う
こんにちは、K.Kです😀 Windows8以降のOSには、Windows Defenderというアプリが実装されています。 このWindows Defenderは、デフォルトでインストールされており、無料でウィルス・スパ...
スポンサーリンク

Windows11のWindowsセキュリティを開く

スタートメニューを開きます。
さらに「すべてのアプリ」をクリックします。
Windowsセキュリティ 開く

「Windowsセキュリティ」をクリックします。
Windowsセキュリティ 選択

Windowsセキュリティが開きます。
アイコンに緑チェックが入っている項目は正常です。
Windowsセキュリティ アプリ開く

Windowsセキュリティの黄色アイコンを修正する

「デバイスセキュリティ」に三角の黄色アイコンが付与されているので、こちらを修正してみます。
Windowsセキュリティ デバイスセキュリティ

コア分離の「メモリ整合性」がオフになっているとのことです。
Windowsセキュリティ メモリ整合性

このメモリ整合性をオンにすることで、PCの高セキュリティプロセスに悪意あるコードが侵入するのを防ぐことができるとのこと。

クリックしてオンにします。
Windowsセキュリティ メモリ整合性 オンに

オンにするとPCの再起動が求められます。
作業途中でなければこのまま再起動しましょう。
Windowsセキュリティ PC再起動

再起動後、「デバイスセキュリティ」が緑チェックになっていました。
これでセキュリティ的にはOKです。
Windowsセキュリティ デバイスセキュリティオーケー

メモリ整合性もオンになっています。
Windowsセキュリティ メモリ整合性オンになる

今回の一言・・・

ウイルス対策も年々アップデートされていくので定期的にWindowsセキュリティを確認してみるといいかもしれません。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いWindowsライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました