ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » アプリ・ソフトウェア・サービス » 【Windows】WinMergeをインストールする

【Windows】WinMergeをインストールする

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

仕事でもプライベートでも長く使っているPCのOSは「Windows」になります。
使える無料のソフトウェアも多く、インターネットで検索しても情報量が多いためWindowsをついつい使うことが多いです。
(ただこの数年はプライベートでのメインPCはMacになっています。)

Windowsでよく使うファイル比較ツールの一つに「WinMerge」というソフトウェアがあります。
インストールする必要がありますが、いろいろな仕事場で使われていたので個人で持っていてもいいかと思います。

今回は、このWinMergeをWindows10にインストールしてみました。

スポンサーリンク

WinMergeをダウンロードしてインストールする

WinMergeはこちらからダウンロードできます。
WinMergeインストール サイト

サイト画面を下にスクロールすると、ダウンロード項目があります。
ここでは最新の「2.16.8」をダウンロードします。
「WinMerge-2.16.8-x64-Setup.exe」をクリックします。
WinMergeインストール ダウンロード

ファイルのダウンロードが始まります。
WinMergeインストール ダウンロード開始

ダウンロード完了したら、そのフォルダを開きます。
WinMergeインストール ダウンロード完了

「WinMerge-2.16.8-x64-Setup.exe」をダブルクリックしてセットアップを起動します。
WinMergeインストール  起動

WinMergeのセットアップが開始します。
フリーソフトウェアライセンスが表示されるので確認して「次へ」をクリックします。
WinMergeインストール セットアップ開始

「インストール先の設定」画面に移ります。
ここでは、フォルダ指定はそのままで「次へ」をクリックします。
WinMergeインストール フォルダ先

コンポーネントの選択を行います。
特にこだわりはないので、ここではチェックそのままで「次へ」をクリックします。
WinMergeインストール コンポーネント

プログラムグループの指定を行います。
プログラムアイコンを作成する場所を指定します。
ここも入力そのままで「次へ」をクリックします。
WinMergeインストール プログラムグループ

追加タスクの選択を行います。
「エクスプローラのコンテキストメニューに追加」にチェックが入っていたので、このままで「次へ」をクリックします。
WinMergeインストール 追加タスク

最後に設定の確認を行います。
オーケーであれば「インストール」をクリックして、インストールを開始します。
WinMergeインストール インストール開始

重要な情報が表示されるので、確認して「次へ」をクリックします。
WinMergeインストール 重要な情報

これでセットアップが完了しました。
「完了」をクリックします。
WinMergeインストール 完了

WinMergeを起動するとこのようなウィンドウが開きます。
ここに2つのファイルをドラッグすることが差分を表示してくれます。WinMergeインストール 起動後

今回の一言・・・

ITの開発をする際などにはWinMergeのような差分比較できるツールがあると便利です。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。