【Windows】ネコが走る!CPU使用率が見える「RunCat」をインストールして使ってみる

スポンサーリンク
Windows

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

MacとWindowsのPCに加えてスマホ・タブレットなどのITデバイスの新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。
他の趣味とも合わせ日々の経験や発見を当ブログで紹介しています。
ぜひ他の記事も見ていただけると嬉しいです。

今回は、CPUの負荷の程度を視覚で確認できるソフトウェア「RunCat」をWindows11で使ってみました。
RunCatを起動すると画面上に走るネコが表示されます。
さらにCPUの使用率に応じて走る速度が変わります。

なおMac版のRunCatはこちらです。

【Mac】画面の中にネコを飼う!?CPU使用率の見える化「RunCat」を使う
こんにちは、K.Kです😀 Macアプリの「RunCat」をインストールして使ってみました。 これはCPU使用率をリアルタイムで確認できるアプリです。 何かものすごく役に立つというアプリではないですが、CPUの使用率に合...
スポンサーリンク

Windows版RunCatをダウンロードして起動する

Windows版はこちらからダウンロードできます。
Windows RunCat ダウンロードページ

画面を下にスクロールして「RunCat-x64.zip」をクリックしてダウンロードします。
Windows RunCat Zipダウンロード

ダウンロードしたzipファイルをダブルクリックなどして解凍します。
Windows RunCat 解凍

解凍したフォルダ内にある「RunCat.exe」をダブルクリックすると起動します。
Windows RunCat 起動

以下のようなエラーが表示された場合は「.NET」をインストールしなければなりません。
Windows RunCat 起動エラー

.NETのインストールはこちらを参照してください。

Windows11のPCに「.NET6.0 ランタイム」をインストール・アンインストールを実行してみる
こんにちは、管理人のけーどっとけーです。 MacとWindowsのPCに加えてスマホやタブレットなどのITデバイスの新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。 その他の趣味と合わせ日々の経験や発見を当ブログでまとめて紹介し...

Windows版RunCatを使ってみる

起動すると画面下にネコが表示されます。
走る速度が速いほどCPU使用率が高くなります。
Windows RunCat 起動後

ドラッグするとタスクバーにも表示できます。
Windows RunCat タスクバー

ネコの上にカーソルを載せるとCPU使用率が表示されます。
Windows RunCat CPU使用率

右クリックするとメニューを表示できます。
ある程度の設定変更が可能です。
Windows RunCat 右クリックメニュー

なおメニューの設定でネコからウマに変更できました。
Windows RunCat ウマに

今回の一言・・・

CPUの使用率が気になる方はRunCatを使うことで見える化できます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いWindowsライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました