ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Windows】デスクトップをカスタマイズ!Rainmeter(レインメーター)を使ってみる

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

Windowsのデスクトップに小型のアプリを自由に表示できるフリーソフト「Rainmeter(レインメーター)」というツールがあります。

Rainmeterではその小型のアプリを「スキン」と呼んでいて、サードパーティーによる様々なスキンが用意されています。

MacでいうDashboardに似ています。

今回は、このRainmeterをインストールしてちょっとだけ使ってみます。

スポンサーリンク

Rainmeter(レインメーター)をインストールする

Rainmeterはこちらの公式サイトからダウンロードします。
Rainmeter サイトを開く

下にちょっとスクロールして、最新のバージョン4.3をダウンロードします。
「Download Final」をクリックします。
Rainmeter ダウンロード

ダウンロードした「Rainmeter-4.3.exe」をダブルクリックするとインストーラーが起動します。
Rainmeter インストーラー

インストーラーが起動しました。
言語は「日本語」にして、「OK」をクリックします。
Rainmeter 日本語

「標準インストール」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。
Rainmeter インストール開始

インストール先フォルダは必要に応じて変更してください。
ここではデフォルトのまま「インストール」をクリックします。
Rainmeter インストール先

インストールが始まります。終わるまで待ちましょう。
Rainmeter インストール中

インストールが完了しました。
このまま「完了」をクリックすると、インストーラーが閉じRainmeterが起動します。
Rainmeter インストール完了

Rainmeterが起動するとこのような感じです。
デスクトップにスキンが配置されます。
右側にカレンダー・システム・デスク情報が表示されています。
Rainmeter スキン配置

Rainmeterを設定する

Rainmeterを起動すると、Windowsの下メニューに雨粒アイコンが表示されます。
Rainmeter 雨粒アイコン

このアイコンをクリックするとメニューが表示されます。
メニューから「管理ツール」を選択します。
Rainmeter メニュー

管理ツールが起動します。
最初の状態だと、設定できるスキンは「illustro」だけになります。
他のスキンを追加することで設定できるスキンを増やすことができます。
Rainmeter スキン

スキンを開くと、設定できる小型アプリ(ガジェット)が表示されます。
illustroの場合は、7つのガジェットがあり起動時にはそのうち3つが表示ONになっています。
Rainmeter スキンを開く

試しに表示OFFになっているガジェットを表示させます。
「network.ini」をクリックし、「読み込む」をクリックします。
Rainmeter OFFをみる

このように新たにnetworkが表示されました。
このガジェットは、その名の通りネットワーク情報が表示されます。
Rainmeter ネットワーク

ガジェットはデスクトップ内であれば自由に移動設置できます。
Rainmeter ガジェット移動

今回の一言・・・

デスクトップにいろいろな情報やデザインを配置できるので、常にデスクトップを豪華にしたいという人には向いているツールでしょう。
他のスキンも追加して、自分好みのデスクトップにする楽しみがあります。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。