ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Mac・Android Studio】ストップウォッチを作ってみる その6ー時間の処理TimerTask

calendar

こんにちは。

今回は、TimerTaskの中身を作っていきます😁

100ミリ秒(=1秒)呼ばれるごとに、1カウントしていって、
それを分・秒・ミリ秒で出し分ける計算をする処理になります。

↓ MainActivity.javaの中に新しくクラスを作成します(countUpTime)。
  countUpTimeクラスにTimerTaskを継承(extends)します。
  これで、このクラスはTimerTaskとして動きます。

↓ TimerTaskクラスには、run関数が必須になります。
  runクラスの中にはハンドラー処理を記述します。

↓ 以下ハンドラーの処理です。
  一気に記述します。

ハンドラークラスに関しては、スレッドの非同期処理など複雑な処理ができる
ようですが、今回はカウントアップするだけの簡単な処理のためシンプルに作ります。
Runnable()はrun関数で使用する入れ物のようなもので、
セットで考えていいでしょう。

TimerTaskが呼ばれ、ハンドラー処理をするごとにtimerSetが1足されます。
あと、仕様としては、60分たった時点でカウントを終了するようにしています😁😁

起動は次回にしましょう。

今回はここまで🤚

では、また次回。