ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » IT » 【Mac】Git無料クライアント「Sourcetree」をインストールしてみた

【Mac】Git無料クライアント「Sourcetree」をインストールしてみた

calendar

こんにちは、K.Kです😀

Gitリポジトリの操作が簡単になるという無料クライアント「Sourcetree」というのがあります。
Gitは分散型のバージョン管理システムで、リポジトリとはソースコードなどのデータを管理するデータベースを意味します。
Sourcetreeは、WindowsでもMacでも使用することができます。

今回は、Macにインストールします。

スポンサーリンク

「Sourcetree」をダウンロードする

Sourcetreeのサイトはこちらです。

サイトの右上にある「無料ダウンロード」をクリックします。
Mac上で操作すれば、そのままMac用のファイルがダウンロードできます。
Sourcetree インストールこれから

ライセンス条約とプライバシーポリシーに同意するにチェックを入れて、「ダウンロード」をクリックします。
Sourcetree ダウンロード開始

ZIPファイルがダウンロードされます。
Sourcetree appダウンロード

ダウンロードしたSourcetree_3.1.1_213.zipをダブルクリックして解凍します。
Sourcetree ダウンロード完了

解凍した「Sourcetree.app」ができます。これもダブルクリックします。
Sourcetree appファイル

「開く」をクリックします。
Sourcetree 開く

アプリケーションを使えるようにします。
「Move to Applications folder」をクリックします。
Sourcetree インストール開始

これでSourcetreeのインストーラーが起動します。

「Sourcetree」をインストールする

インストーラーが起動します。
ここで新たにGitコード管理ツールであるBitbucketに登録する必要があります。
「Bitbucketクラウド」をクリックします。
Sourcetree インストーラー

Bitbucketにログインします。
ここではGoogleアカウントでログインします。
Bitbucketログイン

「Bitbucket Cloudにサインアップ」をクリックします。
Bitbucket サインアップ

ユーザー名を任意で入力して、「続行」をクリックします。
Bitbucket ユーザー

あとはアンケートに答えます。
Bitbucket アンケート

3つのアンケートに回答したら「送信」をクリックします。
ここはスキップでも構いません。
Bitbucket アンケート回答

SourcetreeがBitbucketアカウントへのアクセスを確認してきます。
「アクセスを許可する」をクリックします。。
Bitbucket アクセス許可

「Sourcetree.appを開く」をクリックします。
Bitbucket アクセス許可

Sourcetreeのインストーラーに戻ると、インストールと登録が完了しています。
右下の「続行」をクリックします。
Sourcetree インストール完了

最後の設定はそのままに「完了」をクリックします。
Sourcetree 完了

これでSourcetreeが使える状態になります。
Sourcetree 使う

今回の一言・・・

使う機会がありそうなのでSourcetreeをインストールしてみました。
一人で使うというよりは複数人でソースをシェアするなどに使えそうなツールです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。