ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Mac】Amazon Echoとも連携できるReverb for Amazon Alexaアプリを使う

calendar

こんにちは、K.Kです😀

macOSで使えるアプリに「Reverb for Amazon Alexa」というものがあります。
これは、無料でAmazon AlexaがどんなものかをMacで試すことができます。
今回このアプリをインストールしましたが、すでに持っているAmazon Echoと連携もできました。

スポンサーリンク

Reverb for Amazon Alexaをインストールする

こちらのアプリはApple Storeからインストールします。
「Amazon Alexa」で検索すると結果に表示されます。
「入手」をクリックします。
Reverb for Amazon Alexa インストール前

「インストール」をクリックします。
Reverb for Amazon Alexa インストール

インストール完了したら、「開く」をクリックします。
Reverb for Amazon Alexa インストール完了

Reverb for Amazon Alexaアプリが開きます。

Reverb for Amazon Alexaを使う

Reverb for Amazon Alexaアプリが開きます。
使用するにはAmazonアカウントが必要になります。
「サインイン」をクリックします。
Reverb for Amazon Alexa 開く

ログイン画面が開くので、Amazonアカウントでログインします。
Reverb for Amazon Alexa ログイン

Reverb for Amazon Alexaが使える状態になりました。
Amazon Echoは「アレクサ・・・」と話して音声認識を開始しますが、このアプリは真ん中にあるサークルを長押しします。
Reverb for Amazon Alexa 使える

ちなみにこのアプリは日本語表記がところどころ変なところがあります・・・。

初回起動はマイクアクセスの許可を尋ねてきます。
「OK」をクリックします。
Reverb for Amazon Alexa マイク

ではサークルを長押しして、アレクサに質問してみます。
試すにある「すき家の牛丼を開いて」と聞いてみます。
Reverb for Amazon Alexa きく

音声解析中はサークルの周りが光ります。
ちなみに質問の答えはすき家のスキルを有効にしてくださいとのことでした・・・。

Amazon EchoのAlexa画面をブラウザで開きます。
Reverb for Amazon Alexaに接続できていることと先ほど聞いた内容が履歴として残っています。
Reverb for Amazon Alexa ブラウザ

今回の一言・・・

Amazon Echoを使っていて不便を感じるのは、家でしか使えないことでした。
ただこのReverb for Amazon AlexaをMac Bookにインストールしておけば、例えば旅行先のホテルでも使うことができます。
Amazon Alexaは、他の製品と連携して使用の幅が増えていくのが使っていて面白いですね。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。