ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Mac】突然に来た!Javaのバージョンアップに関して

calendar

reload

【Mac】突然に来た!Javaのバージョンアップに関して

こんにちは、K.Kです😀

今回は、Macを操作していたら突然Javaのバージョンアップを求められたので対処した話です。

Javaの設定を自動更新にしていると、手動でのバージョンアップを突如求められます。

スポンサーリンク

Javaバージョンアップのお知らせがきた

以下の画面が突然来ました。
今回のバージョンアップは、「Java 8 Update 191」です。

PC自体の再起動は不要なようです。
「Install Update」をクリックでアップデートが開始します。
バージョンアップしたくない場合は「Skip This Version」をクリックし、また別のタイミングでバージョンアップする場合は「Remind Me Later」をクリックします。
Javaバージョンアップのアラーム

「詳細情報」をクリックすると、以下の公式サイトが開きます。
「無料」であることを強調している感じもしますが・・・。
今回のバージョンアップの詳細を確認できます。
読むとファイル・システム内の中央場所変更や複数のSymantecルートCAの削除などです。
バージョンアップのサイト

「Install Update」をクリックすると、ダウンロードが始まります。
ダウンロードは数秒で完了しました。
Javaバージョンアップダウンロード中

ヘルパーツールのインストールを求められたら、パスワードを入力して「ヘルパーをインストール」をクリックします。
ヘルパーツールのインストール

アップデートの準備はこれで完了です。

アップデートを行う

ダウンロードが完了したら、Javaのアップデートを行います。
「インストール」をクリックします。
Javaインストール1

「OK」をクリックします。
Javaアップデート2

インストールが開始します。
こちらは数分ほどかかります。
Javaアップデート3

これでインストールは完了です。
この画面は閉じてもらってOKです。
Javaバージョンアップ完了

Javaのバージョン確認

完了したら、正常に更新できているか確認します。

Macの画面左上のリンゴマークをクリックして、「システム環境設定」をクリックします。
「Java」をクリックします。
MacのJava確認

Javaのコントロール・パネルが開きます。
「更新」タブをクリックします。
Javaのコントロールパネルートップ

バージョンが「Java 8 Update 191」であるので、正常にアップデートできています。
なお、下の「更新を自動的にチェック」にチェックが入っていると今回のようなバージョンアップのお知らせが来ます。
Javaコントロールパネルー更新

今回の一言・・・

バージョンアップを自動で知らせてくれるのは助かりますね。
特に今回のバージョンアップはセキュリティに関することのようなので、スピーディに更新しました。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。