ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » 【Mac】画像も貼れるふせん!スティッキーズを使ってみる

【Mac】画像も貼れるふせん!スティッキーズを使ってみる

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

付箋とはデスクトップに置いておけるメモ帳のようなアプリで予定や忘れてはならないちょっとしたことを保存しておくのに便利です。

以前は、Windowsの付箋「Sticky Notes」を使ってダークモードなどを試しました。

今回は、Macに標準装備されている付箋「スティッキーズ」を使います。

スポンサーリンク

スティッキーズを起動する

アプリの起動は、LaunchpadまたはFinderから探してできます。

ここではFinderを開いて「アプリケーション」から「スティッキーズ.app」をダブルクリックしてスティッキーズを起動させてます。
スティッキーズ 起動

スティッキーズが起動しました。
スティッキーズ 起動後

当然、文字をこのように入力できます。
スティッキーズ 文字

スティッキーズを使う

付箋の上には3つの操作アイコンがあります。

1番左のアイコンをクリックすると付箋を消すことができ、右から2番目のアイコンは付箋の大きさを最大化できます。
スティッキーズ アイコン

1番右のアイコンはこのように付箋を閉じることができます。
スティッキーズ 閉じる

スティッキーズの設定は上部メニューから行うことができます。
メニューから「カラー」を選択すると背景色を変更できます。
スティッキーズ メニュー

ここからは付箋の背景色をグレイに変更しました。

他にもフォントを変更することができます。
メニューから「フォント」を選択して、「フォントパネルを表示」をクリックします。
スティッキーズ フォント

フォント表示パネルが表示されます。
スティッキーズ フォント表示パネル

メニューの「ファイル」を選択し、「新規メモ」をクリックすると付箋を追加表示することができます。
スティッキーズ 追加

さらには、付箋を半透明にすることもできます。

「ウィンドウ」から「半透明」をクリックします。
スティッキーズ 半透明

グレイだとちょっとわかりづらいですが、付箋が半透明になりました。
スティッキーズ 半透明後

画像を付箋にドラッグすることで、画像の表示もできます。
ただ、ここだと画像が大きく表示されてしまってので、予め画像の大きさを調整してからドラッグするのがいいでしょう。
スティッキーズ 画像表示

今回の一言・・・

Windowsの付箋と同じように使い勝手は良さそうです。
色の変更や半透明化もできるので、デスクトップ画面に置いてもそれほど邪魔に感じることなく配置できそうです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。