【Mac】ディスクユーティリティのFirst Aid機能を使ってみる

Mac

こんにちは、当ブログ「ハジカラ」管理人のけーどっとけーです。

日々の様々な経験や発見を当ブログで紹介しています。
ほぼ毎日更新しているので、その他の記事も見ていただけると励みになります。

今回は、MacのディスクユーティリティのFirst Aid機能を使ってみました。
ディスクユーティリティを使うと内臓および外部のストレージの管理を行え、ストレージの使用ボリュームや空き状況をチェックできます。
またFirst Aid機能はストレージディスクのエラーを検出し修復してくれます。
Macの挙動が重い場合や不安定な場合は試してみると良い機能です。

スポンサーリンク

MacのディスクユーティリティのFirst Aid機能を使ってみる

ディスクユーティリティのFirst Aid機能については公式の内容も参照にしてください。
特に実行前にはTime Machineでバックアップを取っておくのが良いようです。

作業を進める前に、破損したファイルを復元する必要ができた場合や、ディスクユーティリティで修復不能なエラーが見つかった場合に備えて、Mac の最新のバックアップを取っておいてください。

では、ディスクユーティリティを起動します。
アプリ一覧から「ディスクユーティリティ」をクリックします。
Mac ディスクユーティリティを起動

ディスクユーティリティを起動しました。
左欄からチェックしたいストレージをクリックします。
ここからストレージの容量や利用状況を確認できます。
Mac ディスクユーティリティのFirst Aid機能 ストレージ開く

続いて画面上部にある「First Aid」をクリックします。
Mac ディスクユーティリティのFirst Aid機能 クリック

「実行」をクリックします。
Mac ディスクユーティリティのFirst Aid機能 実行

First Aidを実行中はMacが使用できない時間があるとのこと。
First Aidを実行する場合は「続ける」をクリックします。
Mac ディスクユーティリティのFirst Aid機能 続ける

実行開始しました。
ここでは数分で実行完了しています。
Mac ディスクユーティリティのFirst Aid機能 実行中

実行完了しました。ここでは特にエラーや修復は発生しなかったようです。
Mac ディスクユーティリティのFirst Aid機能 実行完了

「詳細を表示」をクリックするとFirst Aidの実行プロセスを確認できます。
Mac ディスクユーティリティのFirst Aid機能 詳細

今回の一言・・・

Macの調子がちょっとおかしい場合はFirst Aid機能を実行してみると良いかも。
もちろん実行前にバックアップの取得を忘れずに。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いMacライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました