ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Mac】セキュリティ対策に「Intego VirusBarrier Scanner」を使ってみる

calendar

こんにちは、K.Kです😀

Windowsだとウィルスバスターとか入れていましたが、Macは特に何も入れていませんでした。
しかし、Mac用のマルウェア対策ソフトがあるとのことで今回インストールして使ってみました。

無料で使えるので試してみる価値はあるでしょう。

スポンサーリンク

Intego VirusBarrier Scannerをインストールする

まずは、こちらのサイトを開きます。

「App Store.appで開く」をクリックします。
Intego VirusBarrier Scanner 開く

App Storeが開きます。
「入手」をクリックします。
Intego VirusBarrier Scanner 入手

「インストール」をクリックします。
Intego VirusBarrier Scanner インストール

インストールが終わるまで待ちます。
Intego VirusBarrier Scanner インストール中

インストールが完了したら、「開く」をクリックします。
Intego VirusBarrier Scanner 開く

Intego VirusBarrier Scannerが起動します。

Intego VirusBarrier Scannerの初期設定を行う

初回起動は設定を行う必要があります。
設定はあとで変更することも可能です。

「続ける」をクリックします。
Intego VirusBarrier Scanner 初期設定開始

毎日のスキャンの設定を決めます。
ここでは、おすすめが「基本的な保護」とあるので、それにしました。
Intego VirusBarrier Scanner 毎日スキャン

「基本的な保護」にチェックを入れました。
スキャンする場所を聞かれるので、3つ全てを許可しました。
Intego VirusBarrier Scanner 基本的保護

3つ全てに許可したところです。
「続ける」をクリックします。
Intego VirusBarrier Scanner 許可

フルディスクアクセスの許可を与える必要があります。
「Open System Preferences」をクリックすると設定画面が開きます。
Intego VirusBarrier Scanner セキュリティ

「フルファイルアクセス」をクリックして、左下の鍵のマークをクリックします。
Intego VirusBarrier Scanner フルファイル

パスワードを入力して、「ロック解除」します。
解除したら、「+」をクリックします。
Intego VirusBarrier Scanner ロック解除

「アプリケーション」から「Intego VirusBarrier Scanner」をクリックし、「開く」をクリックします。
Intego VirusBarrier Scanner 開く

これでフルアクセス許可できました。
設定の変更を反映させるために、「後で行う」か「今すぐ終了」をクリックします。
ここでは、「後で行う」を選択して進めます。
Intego VirusBarrier Scanner 許可完了

これで設定は完了です。
「完了」をクリックします。
Intego VirusBarrier Scanner 設定完了

Intego VirusBarrier Scannerを使う

起動するとこのような画面が開きます。
Intego VirusBarrier Scanner 起動後

大きく分けて、ファイル・フォルダの手動スキャンか定期スキャンの2つの機能があります。

手動スキャンは「スキャンを開始」をクリックして、対象のファイルかフォルダをクリックします。
またはドラッグで行われます。
Intego VirusBarrier Scanner 起動後

このように対象のファイルを一つ一つスキャンします。
Intego VirusBarrier Scanner スキャン

完了です。結果は正常でした。
Intego VirusBarrier Scanner スキャン完了

「毎日のスキャン」の「オプション」をクリックすると、毎日行われるスキャンの設定を変更できます。
Intego VirusBarrier Scanner 毎日スキャン

今回の一言・・・

毎日スキャンしてくれるのは便利です。
Macはセキュリティが強固と聞いていますが、絶対ということはないのでこのようなアプリを使って定期的にチェックするのは大事になります。
ぜひ試してみてください。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。