ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » 【Mac】コードなどのファイルの差分の比較に!XcodeのFileMergeを使う

【Mac】コードなどのファイルの差分の比較に!XcodeのFileMergeを使う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

プライベートではメインPCにMacを使っています。
そうは言っても仕事を含めWindows PCは15年以上使ってきています。
Macを使っていてWindowsでできたことをMacで実行するにはどうすればいいかと調べることもままあります。

コーディングをしていて過去のコードと修正後のコードを比較し差分を確認したいという場合があります。
Windowsの場合はDFやWinMergeなどのフリーソフトがあります。
Macの場合も差分を表示できるアプリケーションがいくつかあるようなのですが、ここではXcodeに付いてくる「FileMerge」を使ってファイルを比較してみました。

使用するにはまずXcodeをMacにインストールする必要があります。
インストール方法は以下の記事を参照してください。

スポンサーリンク

FileMergeを起動する

FileMegeを起動するには、アプリケーションにあるXcode.appを表示します。
FileMergeファイル比較 Xcode

右クリックしてメニューから「パッケージの内容を表示」をクリックします。
FileMergeファイル比較 内部

「Contents」フォルダが表示されるので、こちらをダブルクリックします。
FileMergeファイル比較 コンテンツ

さらに「Applications」をダブルクリックして開きます。
FileMergeファイル比較 アプリケーション

こちらに「FileMerge.app」があります。
こちらをダブルクリックするとアプリケーションが起動します。
FileMergeファイル比較 アイコン

FileMergeで2つのファイルを比較する

FileMergeが起動しました。
FileMergeファイル比較 起動

「Left」と「Right」にそれぞれ比較するパスとファイル名を入力または選択します。
入力したら「Compare」をクリックします。
FileMergeファイル比較 ファイルパス指定

FileMergeの比較画面が表示されました。
左右のファイルでは5つの差分があることが確認できます。
違いがあるところは色と番号で表示されます。
FileMergeファイル比較 画面表示

さらに別のファイルを比較しました。
こちらは2つの相違があります。
行の内容の一部の文字が異なっているのがわかります。
FileMergeファイル比較 比較結果2

今回の一言・・・

これでMacでプログラミング改修を行ってもFileMergeを使って一目で変更箇所を確認することができます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。