ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Kotlin » 【Kotlin入門】関数「get」「set」の編集

【Kotlin入門】関数「get」「set」の編集

calendar

reload

【Kotlin入門】関数「get」「set」の編集

こんにちは😀

今回も、Kotlinのプロパティをみていきます。

スポンサーリンク

通常の「get」「set」関数

省略できる「get」「set」ですが、改めて書くとすると以下のようになります。
●get関数

●set関数

プロパティの「get」「set」関数を編集する

前回もちょとだけやりましたが、通常使用であれば省略できる「get」「set」も、処理を拡張したい場合は書き換えることが可能です。

では、書いてみましょう。
以下のクラスの「get」関数には、ログ出力を追加しています。
「set」関数には、if文の処理とログ出力を追加しています。
if文は、所持している番号によって出力するログを変えています。
また、番号が1以上の場合は、新しい番号をセットしています。

main関数を書いてみましょう。
5行目でget関数を呼んでいます。
7、8行目でset関数を呼んでいます。

実行します。
main関数の7行目で「0」をセットしているので、「番号が不正です。」が出力されています。
プロパティ2−1

最後に一言・・・

だいたいは、通常の省略形を使う感じになるかと思いますが、今回のようにログやif文を使用できるように普通の関数として利用できます。
応用の幅が広がりますね。

今回はここまで🤚

では、また次回。

 

【Kotlin入門一覧はこちら】