ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Kotlin » 【Kotlin入門】複数のクラスを使ってみる〜クラスちょっとだけ応用

【Kotlin入門】複数のクラスを使ってみる〜クラスちょっとだけ応用

calendar

reload

【Kotlin入門】複数のクラスを使ってみる〜クラスちょっとだけ応用

こんにちは。

今回もクラスをみていきます。
もう少し複雑に作ってみましょう。

まずはクラスを作ってみます。
クラスには、プログラムの目的を果たしていくために必要な
値を保持する変数が必要になります。
Kotlinでは、その変数を「プロパティ」と呼びます😄
javaでは、メンバ変数と呼びますね。
以下のクラスでは、そのプロパティを定義しています。
また、「constructor」(コンストラクタ)を使用しています。
「constructor」は、引き数に与えた値を用いてオブジェクト
を作る関数です。
これは、プライマリコンストラクタとも呼びます。

では、mainクラスからこのクラスを呼んでみましょう😀
6行目と7行目で2回呼んでいるのがわかるでしょうか。
引き数を変えてオブジェクトを作っています。
10行目は、最初に作成した方を実行しています。
12行目は何をしているかというと、2つのオブジェクトの
変数animalが同じかどうかを判定しています。

↓ 実行してみましょう。
  オブジェクトとその変数の呼び出しがわかりますね💡
複数クラス1

次は、クラスからクラスを呼んでみましょう。

クラスを2つ用意します。
1つは、上記のAnimalクラスを使用します。
もう1つは以下のZooクラスを作成します。
特徴は、引き数にAnimalクラスを持っていることです。
クラスのオブジェクトは値なので、関数の引き数としても
プロパティとしても使用できます。
6行目で、getBirds関数を実行しています。

main関数で呼び出します。
5行目で、ZooクラスのgetZooクラスを実行しているのが
わかります。
また引き数に先ほどのAnimalクラスのオブジェクトをセット
しています。

 

↓ では、実行してみましょう。
  まず、Zooオブジェクトが実行され、その後Zooオブジェクト
  内からAnimalオブジェクトが実行されていますね。
複数クラス2

実際の開発では、その目的に応じてクラスをいくつか作成します。
クラスの追い方や使い方に慣れておくと処理の幅がより
広がります✌

今回はここまで🤚

では、また次回。

 

【Kotlin入門一覧はこちら】