ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Kotlin入門】ラムダ式の使い方〜クラスのプロパティ

calendar

reload

【Kotlin入門】ラムダ式の使い方〜クラスのプロパティ

こんにちは😀

今回もラムダ式をみていきます。
ラムダ式で言えば第三回になります。

クラスのプロパティに関数(ラムダ式)を持たせる書き方をしてみます。

以下のように、Calculationクラスを作成し、プロパティを定義します。
プロパティは4つ作成します。
4つ目のcalculateが関数のプロパティになります。

そして、クラスの中(①の部分)に4つのプロパティを用いる関数を作成します。

そして、main関数を作成します。
関数のリストを作成し、上記のCalculationクラスをセットします。(3〜8行目)
ここはクラスの引数に、第一引数にInt、第二引数にInt、第三引数にラムダ式、第四引数にStringをセットしているのが分かります。
リストからfor文で要素を取り出して、showCalc関数を実行しています(10、11行目)

実行すると、以下のように順番ずつに式と解が出力されます。
ラムダ式プロパティ1

ラムダ式の関数をクラスのプロパティに置くことで、処理を書ける幅が広がりますね。
プロパティに処理がまとまっていると、そのクラスの役割も分かりやすくなりコードを見やすくもなります。

今回はここまで🤚

では、また次回。

 

【Kotlin入門一覧はこちら】