ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Kotlin入門】マップを処理する関数〜マップのデータを読み取る

calendar

reload

【Kotlin入門】マップを処理する関数〜マップのデータを読み取る

こんにちは😃

今回は、集合体の1つであるマップの応用をみていきます。
マップは、キーと値のペアになります。
なので、キーだけの集合体「keys」、値だけの集合体「values」
というプロパティを持ちます。
復習も合わせてマップの処理を書いてみましょう。

上記の処理は、keyを動物、valueを数字にしています。
for文を使って、keyを取り出し、get関数を使用して、
それに対応するvalueを取り出し動物と匹数を出力しています。

実行してみましょう。
keyに対応するvalueが表示されていますね。
マップ応用①−1

では、このマップを使用して、マップの情報を取り出す処理を
書いてみます。

①は、関数でなくプロパティのsizeで、要素数を取得します。
②は、count関数で同じく要素数を取得しますが、関数なので引き数
を設定することができます。
なお、同じく要素数を取得できるlength関数は使用できませんでした。
③は、containsKey関数で、同じkeyがマップにあればtrueを
返します。
④は、containsValue関数で、同じvalueがあればtrueを返します。
⑤はget関数で、keyに対応するvalueを返します。
⑥はisEmpty関数で、リストにもありましたが、空かどうかの判定
をします。空であればtrueを返します。

実行すると以下の通りになります。
マップ応用①−2

リストと似ているようで使用できる関数もちょっと違います。
1つ1つ覚えていくと便利ですね。

今回はここまで🤚

では、また次回。

 

【Kotlin入門一覧はこちら】