【iPad】Googleマップのサイトを開く・デフォルトブラウザを変更して開く

iPad

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、ITの機能やアプリやサービスに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリなどを使ってみることを趣味としています。

タブレットは「iPad」を使っています。
操作もスムーズにサクサク行え、PCの代わりやスマホの代わりにと用途に応じて使い分けができるので非常に重宝しています。

出かける前や外食先をGoogleマップで探すことが多いですが、そのGoogleマップアプリもiPadで閲覧しています。
今回は、そのiPad版Googleマップの検索場所のWebサイトを開いてみました。
また表示するWebサイトのブラウザを変更しています。

スポンサーリンク

iPadのGoogleマップで表示した場所のWebサイトを開く

まずアプリを開きます。
画面左上にある検索窓に表示したい場所のキーワードを入力します。
Googleマップ場所Webサイト アプリ開く

検索結果の場所を開きました。
左メニューの場所の詳細から営業時間やレビューなどを確認できます。
Googleマップ場所Webサイト 検索結果

こちらの詳細には公式サイトへのWebリンクが記載されています。
Googleマップ場所Webサイト 開く

Webサイトが開きます。
iPad版だと小ウィンドウがGoogleマップ上に表示されるので見やすいです。
Googleマップ場所Webサイト サイト開く

小ウィンドウ右下にあるアイコンをタップするとデフォルトブラウザでサイトが開きます。
Googleマップ場所Webサイト ブラウザ開く

デフォルトブラウザが「Safari」に設定してあるので、サイトはSafariで開きます。
小ウィンドウでサイトが見にくいと感じる場合は、ブラウザで開くといいでしょう。
Googleマップ場所Webサイト Safariで

iPadのデフォルトブラウザを変更する

サイトをGoogle Chromeで開きたい場合は、デフォルトブラウザの設定を変更します。

「設定」を開きます。
左欄メニューから「Chrome」をタップします。
さらに「デフォルトのブラウザApp」をタップします。
Googleマップ場所Webサイト 設定変更

選択できるブラウザが表示されます。
「Chrome」をタップしてチェックを入れます。
Googleマップ場所Webサイト Chromeに変更

これで先ほどの小ウィンドウからChromeでサイトを開けるようになります。
Googleマップ場所Webサイト Chromeに変更完了

今回の一言・・・

けーどっとけー
けーどっとけー

iPadは携帯性に秀でているのでGoogleマップとの相性も非常に良いです。

設定変更をうまく使って使いやすいようにカスタマイズしてみるといいかも。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いiPadライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました