ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » iPad » 【iPad】ChromeリモートデスクトップでWindows10やMacに接続する

【iPad】ChromeリモートデスクトップでWindows10やMacに接続する

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

ITの仕事をずっとしていますが、最近は在宅勤務を続けています。
少しでも家でのテレワークが便利になればといろいろと試行錯誤している状態です。

今回はChromeリモートデスクトップというアプリを使ってiPadからPCにリモート接続できることを試してみました。

なお、PC同士(WindowsとMac)のChromeリモートデスクトップ接続は以前行なっています。
PCへのアプリインストールに関しては以下の記事を参照してください。

スポンサーリンク

iPadにChromeリモートデスクトップをインストールする

iPad用のアプリはこちらからインストールできます。

インストールページを開いたら「入手」をタップします。
Chromeリモートデスクトップ 入手

認証後にアプリのダウンロードとインストールが開始します。

インストールが完了したら「開く」をタップするとアプリが起動します。
Chromeリモートデスクトップ インストール完了

またはホームに作成されたアプリをダブルクリックすることで起動します。
Chromeリモートデスクトップ アプリ起動

Chromeリモートデスクトップを使ってiPadをPCに接続する

Chromeリモートデスクトップを使うには、同アプリを接続先のPCにもインストールしておく必要があります。
さらにGmailアカウントでログインし、PC側でPINコード(パスワード)を設定しておきます。

ここからはiPad側のChromeリモートデスクトップを起動して操作します。
アプリが起動したら「ログイン」をタップします。Chromeリモートデスクトップ 起動後ログイン

PC側と同じGmailアカウントを選択します。
Chromeリモートデスクトップ ログイン選択

アカウント情報を読み込みました。
以前このアカウントでリモート接続した情報が一覧表示されます。
Chromeリモートデスクトップ 読み込み

現在接続可能な端末を認識できるとリモート接続準備が完了です。
こちらのWindows10のPCへ接続してみます。
Chromeリモートデスクトップ 接続準備

タップすると接続が行われます。
Chromeリモートデスクトップ 接続中

PINコードを入力して「→」をタップします。
Chromeリモートデスクトップ PINコード

これでiPadからWindows10に接続できました。
Chromeリモートデスクトップ 接続完了

画面右下の「≡」をタップすると設定メニューが表示できます。
Chromeリモートデスクトップ 設定メニュー

設定を「トラックパッドモード」にするとiPad画面にカーソルが表示されます。
Chromeリモートデスクトップ トラックパッド

トラックパッドモードだと、PCとiPadを並べてiPadをトラックパッドのようにして操作することができます。
Chromeリモートデスクトップ トラックパッドで使う

iPadからこのようにメモ帳を開いて文字入力することもできました。
操作性の良さはなかなか良いと思います。
Chromeリモートデスクトップ メモ帳

切断するには「共有の停止」をタップします。

iPadからMacにChromeリモートデスクトップで接続してみました。
こちらだとFinder(フォルダ)を閉じることができないなど操作が十分にできませんでした。
Chromeリモートデスクトップ Mac接続

今回の一言・・・

iPadからMacの接続は操作が不十分でしたが、iPadからWindows10の接続はまあまあ快適に操作できました。
ぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。