【iPad】長押しで簡単翻訳!iPadの画面内文章を翻訳してみる

スポンサーリンク
iPad

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、その機能やアプリに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。

タブレットは第6世代の「iPad」を使っています。
外ではPCの代わりに家ではスマホの代わりにと用途に応じて使い分けができるのが便利です。
iPadOS 15から翻訳機能が追加されています。

今回はその翻訳機能を使って、ブラウザとメールの文章を翻訳してみました。
画面を長押ししメニューから「翻訳」を選択すると簡単に翻訳してくれます。

スポンサーリンク

iPadの画面内の文章を翻訳する

まずはブラウザ「Google Chrome」で任意のサイトを開いて日本語を英語に翻訳してみます。

翻訳したい箇所を選択し、その箇所を長押しします。
メニューが表示されます。
Ipad 画面翻訳 長押し

メニューにある「翻訳」をタップします。
Ipad 画面翻訳 翻訳タップ

「翻訳とプライバシー」についてメッセージが表示された場合は「続ける」をタップします。
Ipad 画面翻訳 プライバシー

このように日本語を英語に翻訳できました。
Ipad 画面翻訳 翻訳完了

翻訳文章の右下のアイコンをタップすると翻訳文を読み上げてくれます。
読み上げの一時停止もできます。
Ipad 画面翻訳 読み上げ

もちろん翻訳を英語以外の他の言語に変更することもできます。
「言語を変更」をタップすると翻訳可能な言語を表示できます。
Ipad 画面翻訳 英語以外

次は英語のサイトを日本語に翻訳してみます。
同じように翻訳したい箇所を範囲選択し、メニューから「翻訳」をタップします。
Ipad 画面翻訳 英語

このように日本語に翻訳できました。
日本語への翻訳精度はまだまだ向上の余地はありそうです。
Ipad 画面翻訳 日本語に翻訳

なお、「翻訳で開く」をタップすると翻訳アプリが開きました。
Ipad 画面翻訳 アプリを開く

Gmailアプリのメール本文もこの通り翻訳できました。
Ipad 画面翻訳 メール

今回の一言・・・

文章を範囲選択してすぐに翻訳できるので便利です。
ITの仕事をしていて英語のサイトを読むこともあるのでちょっとした理解のアシストにも使えそうです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いiPadライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました