ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【iPad】複数のアプリをマルチウィンドウで表示する!既存の機能「Split View」を使う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

最近、第6世代のiPadを使用しています。
iPadはiPhoneと同じく、App(アプリ)を開くとシングルウィンドウで使用することになります。

基本はPCのように複数のウィンドウを出すことはできないのですが、iOS11以降を搭載したiPadでは2つのウィンドウを同時に表示するマルチウィンドウ機能「Split View」を使用することができます。

スポンサーリンク

Appを開き「Split Over」を起動する

まずはお好きなApp(アプリ)を起動します。

ここでは、Googleフォトを開いています。
ipadマルチウィンドウ  App開く

iPadの下の縁から上に指をスライドさせるとアプリメニューが表示される「Dock」が現れます。
このAppを開いての操作を「Split Over」と言うそうです。
ipadマルチウィンドウ Dockをだす

このDockにあるAppのアイコンを長押しして画面にドラッグするとマルチウィンドウになります。
この操作を「Split View」と言います。

Appを長押しして・・・
ipadマルチウィンドウ アプリ長押し

画面上にAppを移動させます。
ipadマルチウィンドウ ドラッグ

しかし、マルチウィンドウにできるのはAppによるようです。
このAmazon prime videoはマルチウィンドウに対応していませんでした。
(なお、Amazon prime videoは、起動後に小ウィンドウ表示にするとマルチウィンドウ化できるようにはなっています。)

マルチウィンドウ機能「Split View」を使ってみる

マルチウィンドウに対応しているかは使ってみないとわからないようです。

Google Keepではいけたので、これで試してみます。

Googleフォトを開き、DockからKeepをドラッグし右側に配置します。
ipadマルチウィンドウ Keep

指を話すと、マルチウィンドウにできました。
2つのAppが左右に配置されています。
ipadマルチウィンドウ 完成

真ん中のバーを移動すると左右の幅を調整することができます。
ipadマルチウィンドウ 真ん中

iPadを横にしてみても、同じようにマルチウィンドウを表示できます。
こっちの方が使いやすいですね。
ipadマルチウィンドウ 横にする

Keep側の上部にあるバーをタップすると左右に移動させることができました。
ipadマルチウィンドウ 左右に移動

今回の一言・・・

iPadはPCと違ってシングルウィンドウのみで使用するものだと思っていたので、今回使用した「Split View」はもともとiPadに付いている嬉しい機能でした。
これで動画をみながらニュースサイトをみたり、資料サイトをみながら書き物ができたりできますね。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。