ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » iPad » 【iPad】キーボードの形を切り替えてフリック入力を行う

【iPad】キーボードの形を切り替えてフリック入力を行う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

第6世代のiPadをゲットして半年ほど経ちました。
キーボード入力は画面からタッチで行なったり、Bluetoothキーボードを接続して行なったりしています。

そして、こちらがiPadの通常キーボードです。
iPad通常キーボード

初タブレットだと正直使いなれるのに時間がかかると感じました。
その一つが自分にあったキーボードの使い方だと思います。

iPadでは、スマートフォンのようにフリック入力ができるようにキーボードを変更させることができます。
今回は、iPadのキーボードをフローティングキーボードに切り替えて日本語でフリック入力できるよう設定しました。

スポンサーリンク

iPadのフリック入力の設定を行う

フリック入力を行うために設定を変更していきます。
まずは、iPadの設定を開きます。

設定画面の「一般」>「キーボード」を選択します。
iPadフリック入力 設定

「キーボード」画面の「キーボード」をタップします。
iPadフリック入力 キーボード選択

「キーボード」画面の「新しいキーボードを追加」をタップします。
iPadフリック入力 新しいキーボード

「新しいキーボードを追加」画面が開きます。
「日本語」をタップします。
iPadフリック入力 日本語

「日本語」画面が開きます。
「かな」をタップしてチェックを入れます。
iPadフリック入力 かな

「かな」にチェックを入れたら、右上の「完了」をタップして設定を終了させます。
iPadフリック入力 完了

キーボード設定に「日本語-かな」が追加されました。
iPadフリック入力 かな追加

あとは、「キーボード」画面にある「フリックのみ」をオンにします。
iPadフリック入力 フリックのみ

これで設定の準備は完了です。
iPadフリック入力 準備完了

iPadでフリック入力を行う

では、キーボードを開きます。
キーボードの右下にある「キーボード」アイコンを長押しし表示されるメニューから「フローティング」を選択します。
iPadフリック入力 変更

キーボードが縮小し「フローティングキーボード」に切り替わりました。
iPadフリック入力 フローティング

なお、フローティングキーボードは画面下をドラッグすることで移動させることができます。
iPadフリック入力 移動

ここからフローティングキーボードを日本語入力に変更します。
キーボード左下の地球儀アイコンを長押しして表示されるメニューから「日本語かな」を選択します。
iPadフリック入力 日本語の変更

キーボードが日本語かなに変更しました。
iPadフリック入力 日本語かな

これでフリック入力が可能になりました。
iPadフリック入力 変更完了

通常のキーボードに戻すには、キーボードを2本指で外側に広げていくことで切り替わります。
iPadフリック入力 元に戻す

今回の一言・・・

用途や好みに合わせてキーボードを変更できるのは便利です。
スマートフォンのフリック入力に慣れている方は、iPadもフリック入力できるよう変更してみるといいかもしれません。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。